歯の豆知識ブログ

  • 院長ブログ
  • 歯科医師ブログ
  • スタッフブログ
  • 豆知識ブログ

喫煙と歯周病

歯の豆知識

喫煙と歯周病

 

タバコは「100害あって一利なし」といわれるほど、我々の身体に悪影響を及ぼす存在だと広く知られています。

喫煙は肺がん、胃がん、心筋梗塞、脳卒中、胃潰瘍、など全身の病気のリスクがためます。
タバコの煙には50種類以上の発がん性物質が含まれています。
しかもタバコの煙は、人への発がん性が証明されている発がん物質第一群に分類されています。
これらはヒ素やダイオキシン、アスベストといった健康被害を及ぼす物質も含まれています。
タバコはこれらと同じ分類なので、いかに危険かということがわかります。

ではお口とタバコの関係はどうでしょう?
タバコは歯と歯ぐきにとっても大敵です。タバコは歯垢(プラーク)をつきやすくして、歯茎の炎症、黒ずみ、そして口臭を誘発します。喫煙すると歯肉の腫れや出血が見た目以上に抑えられ、歯周病に気づきにくくなります。また治療してもタバコを吸わない人よりは歯肉の治りは悪く治療効果の現れも低いのです。なぜこのようになるのか?
それはタバコの煙に含まれる一酸化炭素が身体の組織への酸素の供給を妨げ、タバコに含まれるニコチンは免疫力を低下させ、傷を治す細胞の働きまで抑えてしまうので傷の治りが悪くなります。
タバコを吸う人は歯を失う覚悟が必要ですね。

ではなにが一番リスクをさげるのか?
喫煙しないこと。そして喫煙者は禁煙することです。
たとえ非喫煙者であっても受動喫煙によって歯周病のリスク約3.6倍もたかまります。
喫煙者は周りに迷惑をかけないように禁煙をこころがけましょう。
禁煙すると、歯周病のリスクが約40%減り、治療経過も非喫煙者と何ら変わりがなくなります。

禁煙することで
口腔内環境の改善ができ、歯肉の炎症がおさまり、口臭もなくなります。その他にも免疫力の向上、美肌効果、髪の健康、寿命の延長などが研究結果でわかってきています。
百害あって一利なしのタバコですが、「タバコミュニケーション」という言葉に代表されるようにコミュニケーションの潤滑油として機能するなどはありますが、身体にとって有害なのはほぼ疑いようのない事実です。
今までの内容を含め、どうしても禁煙できない方は歯周病などのリスクは高まりますが、歯科医院での定期的な歯石の除去とより丁寧なブラッシングが必要になります。

自分や周りの健康考え、タバコはやめましょう。
禁煙して歯周病などのリスクから離れて、健やかな毎日を過ごしてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

歯磨きと歯ブラシの歴史

歯の豆知識

 

歯磨きと歯ブラシの歴史

 

毎日皆さんがする歯磨きとその際に使う歯ブラシ。身近な習慣について意外に知らないことって多いですよね?

 

人はいつから歯磨きするという習慣をみにつけたかご存知でしょうか?

 

歯磨きの歴史は紀元前と言われ、紀元前1550年頃に古代エジプトの医学書にもその歯磨きについて書かれているそうです。紀元前5000年前のバビロニア人は食前に必ず麻の繊維を指に巻き歯の清掃をしていたといわれます。さらにはバビロニア人からギリシャ人にその習慣は受け継がれギリシャ人はその習慣にうがいと歯のマッサージを付け加えたのです。

わが国では平安時代の医学書に歯磨きの記録が記され、それの記録が日本最古のものと言われています。

江戸時代になるとそれまで僧侶や貴族の宗教儀式の一環として行われていた歯磨きが庶民の間でも習慣化してゆくのでした。

太古の時代からお口を清潔に保つ重要性は人々に理解されていたようです。

 

では歯磨きの際に使う歯ブラシは?

歯ブラシは紀元前3000年頃のエジプト人がつかっていたチュースティックと紀元前500年頃に釈迦の弟子達が使用していた歯木(しぼく)がルーツとされています。

その歯木は仏教伝来と同時に538年に日本にはいってきました。初めは密教の僧侶が礼拝の際に身を清める儀式の一つとしてその習慣が根付いたようです。その後江戸時代にはいり木の文化の国といえる日本独特の発想で房楊枝(ふさようじ)が考案されました。房楊枝は木の幹を割って小枝を房状に加工したものが使われていました。

日本では歯ブラシとしての概念はなく、楊枝として広まり、ブラシとして認識されだしたのは明治23年にある大阪の会社が歯刷子(はぶらし)といい名称での出品がきっかけでした

最初の歯ブラシは馬毛や豚毛が使われており、戦後になると樹脂の柄とナイロン毛の歯ブラシが一般的になりました。

またテレビのコマーシャルなどで一般の方にも最近なじみ深くなってきた電動はブラシも1960年台にヨーロッパで開発されました。2000年以降、電動歯ブラシは一般にかなり普及されています。

現代のテクノロジーにおいてその電動歯ブラシもまた日々進化し続けています。

 

歯磨き、歯ブラシの歴史について考えると歯を大切にすることの重要性はどの時代の人間も理解していたようです。

ただ昔は現代に比べて糖分が低い食事が多かったため虫歯になっている人は少なかったようです。

ですから現代人の我々にとって、歯磨きや歯ブラシの使い方はとても大切なのです。

 

歯ブラシはたくさん色々な種類があります。

自分で使用したい歯ブラシをどのようなものがよいのか気になる方はかかりつけの歯科医院で先生にたずねてみましょう。

 

 

 

虫歯と予防

歯の豆知識

 

虫歯と予防

 

虫歯は何が原因で歯が痛くなったりするかおわかりですか?

虫歯に対して根本的な原因など知らない方は随分いらっしゃると思います。

 

虫歯は食べかすに含まれる糖をエサにした増えた歯垢が、酸(カルシウムを溶かす)をだして歯の表面を溶かし(脱灰)、また溶かされた歯は唾液の働きによって元に戻ります(再石灰化)。歯は物を食べるたびに脱灰と再石灰化を繰り返すのです。このバランスが崩れたとき虫歯になります。

初期の虫歯であれば、まだ修復されますが、初期症状では痛みもなく放置してしまうことがほとんどです。歯垢が溜まっているのに毎日の歯みがきを怠るとどんどん悪化し激しい痛みがでてきます。また細菌が歯の神経に入り、神経がダメになってしまった場合、大事な神経を抜かなくてはいけない場合もあります。虫歯が悪くなればなるほど周りの歯にも悪い影響を与え噛む力もよわくなるので、身体にも負担をかけてしまいます

 

虫歯はとても身近な病気で日本人のほとんどは虫歯の経験をしています。

なるべく虫歯にならないためにもお口の環境を整えていきましょう。

また、日々の歯磨きを頑張ってもプラークや歯石は取れません、プラークや歯石を取り除くには歯医者さんで専用の器材を使う必要があります。プラークや歯石を放っておくと、まさに虫歯や歯周病が進行し歯茎がさがる原因にもなりかねます。

大事なことは、悪い部分をしっかり治療し口腔内環境をコントロールすることです。

そのためには虫歯にならないように定期的に歯科健診をうけることをおすすめします。健診において、歯磨きのやり方や注意点を教わり、また食生活のアドバイスなどをもらったりすることで、虫歯を最小限にくいとめることができ歯を削らなくてもすむ場合もあるのです。

 

予防

虫歯予防のために日頃から注意するべきことは、        

  1. 唾液が循環するように、口の中を乾燥させない。
  2. 歯ブラシをしっかり上手にかける。
  3. カルシウム不足にならないように食事には気をつける。
  4. 砂糖はなるべく控える。
  5. 食べたらすぐに歯磨きをする。
  6. 痛いから歯医者さんに行くのではなく痛くならないために歯医者さんでの健診をうける。

虫歯予防の方法の一つとしてまずは虫歯になるメカニズムを知り、無理なく日常生活の中で虫歯予防を自然に取り入れ予防を習慣化することが大事です。虫歯で悩まず快適な生活を送るためにも歯科医院へ通い、正しい習慣を身につけましょう。

あなたが健やかな毎日を過ごせるために。

 

 

歴史散歩

こんにちは。第二水曜日担当の西山です。

私は横浜に住んでいます。横浜は明治の開港以来、外国から色々な事柄が導入されました。開港のまち・中区には「もののはじめ」や横浜開港の歴史を伝える碑が点在しています。西区のホームページを見ますとこんな案内がありました。その中に「もののはじめコース」があります。

もののはじめコース

ルート:馬車道駅~関内駅
所要時間:約60分
スタート
07.日刊新聞発祥の地 →08.生糸貿易商・中居屋重兵衛店跡 →09.写真の開祖・下岡蓮杖 →10.日本で最初のガス灯 →11.我国西洋歯科医学発祥の地・西洋歯科医学勉学の地 →12.アイスクリーム発祥の碑 →13.牛馬飲水槽 →14.近代街路樹発祥の地→15.鉄の橋、ブラントンと横浜 →16.吉田橋関門跡 →17.神奈川県電気発祥の地 →18.横浜ベイスターズ優勝モニュメント →19.我国最古の公園 →20.港町魚市場跡 魚市場跡でゴール!

この中にある「我国西洋歯科医学発祥の地・西洋歯科医学勉学の地」とはなんでしょう。この地に建てられている碑文には下記のように刻まれています。

「 我国西洋歯科医学発祥の地

ここは、万延元年(一八六〇年)歯科医師として最初に来日した米国人ウィリアム・クラーク・イーストレーキ博士が、来浜三度目の明治十四年に歯科診療所を開設したゆかりの地である。
 博士は、明治元年二度目の来浜に際し歯科診療所(所在地不詳)を開設し、献身的な診療活動のかたわら日本人歯科医師の育成に努力を傾注し、日本近代しか医学の世界的発展の端緒を開く役割を担われた。
 いま、イーストレーキ博士の来浜百二十五周年ならびに、神奈川県歯科医師会創立六十周年を迎えるにあたり、博士の多大な業績をたたえその意義を後世に伝えるため西洋歯科医学発祥のこの地に顕彰の碑を建立するものである。
昭和六十年十一月吉日 社団法人神奈川県歯科医師会 会長 加藤 増夫  」

「日本で最初のガス灯」 「アイスクリーム発祥の碑」ガス灯やアイスクリームの発祥の地であることは有名です。もっと色々ありますが、夏休みにこんな石碑を見て回るのはいかがでしょうか?

歯周病

歯の豆知識

歯周病

歯周病ってどんな病気?

 

昔は歯槽膿漏ともいわれていました。

歯周病は歯肉と歯の間にたまった歯垢(プラーク)という細菌が引き起こす病気です。

 

細かく分けると歯肉のみに炎症がでる歯肉炎と歯根膜(歯根との間にある薄い膜)や歯槽骨(歯を支えている骨)までに及ぶ歯周炎があります。

 

これらは痛みがなく静かにやってきます。アメリカではSilent Disease

(無症状疾患)とよばれ悪化するまで症状を起こさな病気として有名です。

痛みがない故に放っておくケースが多く歯周病が進行してしまうのです。しかも成人の大部分が歯周病だと言われてます。

 

症状は最初歯肉が腫れて、歯磨きの時に出血がみられます。それを放置しておくと今度は歯肉からの出血に膿が混じり、口臭が強くなります。それをさらに放置すると歯を支える骨が溶け出し、いずれは歯が動揺をはじめます。ここまでくると、大事な歯を抜かざるを得ないリスクがかなり高くなってしまいまい、自覚症状がないのでどんどん進行してしまいます。

また歯周病は心筋梗塞、糖尿病や高血圧のリスクも上昇させますので、油断できない病気なのです。

 

あなたのお口は大丈夫?

ここで歯周病チェックをしてみましょう。

歯周病は怖い病気なので歯やや歯ぐきの状態を観察してみてください。

  1. 歯を磨くと血がでる。
  2. 口臭がある
  3. 歯肉が腫れたり、痛みがある。
  4. 歯がぐらついている
  5. 冷たい飲み物で歯がしみる
  6. ウミがでる
  7. 口の中がネバつく
  8. 歯が長く伸びてきた
  9. 歯と歯の間に物がはさまりやすい。
  10. 歯肉が赤い

などチェックするポイントはまだいくつがありますが、これらのなかでいくつかあてはまれば注意が必要ですので、早めに歯医者さんに相談しましょう。

歯周病の予防と対策

歯を失う原因の多くが歯周病からきています。

まずは歯医者さんで歯の磨き方を指導してもらい丁寧に歯を磨くことを心がけましょう。

定期的に歯医者さんに通い大切なお口をメンテナンスしてもらいましょう。

また、免疫力が低下すると歯周病はすすみます。現代病である、ストレスやメタリボリックシンドロームも歯周病の原因のひとつになっています。

喫煙も歯周病の進行を進めるのでできれば禁煙しましょう。

適度な運動やしっかりとした睡眠をとるなど、規則正しい生活を送ることも大事です。

 

歯周病の自覚症状がなくても、早めに対処することで大切な歯を抜かずにすみます。

また全身の健康の為にも早期の治療が大事になってきます。

歯は一度失うと二度と戻ってはきません。自分の歯は自分でしっかり守る意識がとても大事です。

歯医者さんと一緒にケアしてゆきより良い歯の健康をまもりましょうね。

お問合せ・ご予約はこちら

ご相談をご希望の方は、下記の電話番号までお電話いただき初診のご予約をいただくか、 下記の「無料相談メールフォーム」に相談内容をご記入の上、送信ボタンを押して下さい。 電話やメールではお答えするのが難しい場合には、初診のご予約をお願いする場合があります。 また、初診はすべて保険内での診察となります。

お電話

  • お問合せはこちら044-280-3918
  • 土曜日も診療しています。
  • 駐車場完備

メールフォームでのご相談

ご予約前のご質問や疑問に
メールでお応えします

※電話での無料お悩み相談は承っておりません。
診療中にお受けしてしまうと、他の患者様にご迷惑をお掛けしてしまいますので、ご理解の程お願い申し上げます。

ページトップへ