歯の豆知識

2017/11/30
口内炎

歯の豆知識

 

口内炎

川崎市川崎区 小島新田駅前のパール歯科医院 院長の藤田です。

 

口内炎とは

口腔内の粘膜や舌表面の粘膜に生じる炎症のことです。不快な痛みが伴いますお口の中のあの嫌な痛みの口内炎についてどこまでご存知ですか?

口腔内には多くの細菌が存在しますが、ストレスや風邪などによって体内の抵抗力・免疫力が下がった時に、それらの細菌が増殖して粘膜表面で炎症を引き起こすことがあります。つまり、口内炎ができるということは、何らかの理由で体が弱っているということです。体を弱めている原因を取り除くことで、ほとんどの口内炎は回復します。また、誤って噛んだり強く歯ブラシで磨いたりして口腔粘膜を傷つけた場合も、細菌やウイルスが感染して口内炎になることがあります。この場合は、歯磨きなどで口腔内を清潔に保つことで口内炎の炎症は治まっていきます。

口内炎ができる原因には、口腔内に原因があるものと体調の異常が原因となっているものがあるのです。

それらは睡眠不足などによる体調不良に伴う抵抗力の低下

偏った食生活によるビタミンやミネラルなどの摂取不足に伴う口腔粘膜の抵抗力の低下

風邪などの病気にかかることによる、体内の免疫力の低下などが原因とも言われております。

そしてその口内炎の症状とは、炎症部の痛みや出血、食事中にしみる、口臭が発生するなどがあります。特に、炎症部に何かが当たる時に感じる痛みは厄介です。口内炎による痛みは、快適な食生活に支障が生じてしまうのです。また、口内炎のできる場所によっても、その症状は変化します。食べ物や歯が当たりやすい場所に口内炎ができた場合は、食べたり喋ったりしただけで痛みを伴います。また喉の近くにできた場合は、食べ物を飲み込む時に痛みを伴います。つまり、口内炎は食事や会話する時などに大きな障害になってしまうのです。

ほとんどの口内炎は、特別な治療をしなくても1~2週間で自然に治癒してゆいきます。この時に大切なことは、自分の体調を管理して自然治癒力を向上させることと、口内炎は口の中の細菌が原因となっているためお口の中を清潔に保つということです。もし、自然に治ることがなく口内炎が悪化した場合は、市販の薬を利用するか、歯科医院に相談してみましょう。市販の薬には、塗り薬や貼り薬、内服薬などがあります。塗り薬と貼り薬は、炎症部に直接作用して痛みを取り除いたり細菌を退治したりします。内服薬は主にビタミンを含んでおり、それによって口腔粘膜の抵抗力を高めて、口内炎を治療します。また、歯科医院では口内炎の原因が虫歯や歯周病にあるとわかった場合、薬物療法と共に虫歯や歯周病の治療を行います。

口内炎の予防は、常にお口の中を清潔に保つということです。それにより、原因となる細菌やウイルスの数を減らすことができます。たとえ口腔粘膜を傷つけても感染する細菌やウイルスがいなければ、口内炎ができることはほとんどありません。お口の中を清潔に保つ方法としては、歯磨きを食後にしっかりと行うことが最も重要です。ストレスや睡眠不足などによる体調不良が口内炎の原因となっている場合は、しっかり睡眠をとって規則正しい生活を送るということです。このようにすることで、体内の抵抗力・免疫力を高めることができ、口内炎ができにくいお口の中の環境を作ることができます。口内炎予防にはこれらの他に、タバコやアルコールを控えるということもあります。タバコを吸ったりアルコールを飲んだりすると、体内のビタミンが奪われるので、その結果として口腔粘膜の抵抗力が低下して口内炎ができやすいお口の環境になってしまいます。特に喫煙をする人は、タバコの中の成分が毛細血管を収縮させ口内炎の治癒を遅らせます。タバコは、口内炎のみなならず、歯周炎も増悪させる事が学術的にもはっきりしています。

以上の点を踏まえ、健やかな毎日を過ごすためにかかりつけの歯科医院で定期的にメンテンナンスにいかれてみてはいかがでしょうか?

PageTOP