歯の豆知識

2017/12/28
歯の神経

歯の豆知識

 

歯の神経

 

川崎市川崎区小島新田駅 駅前のパール歯科医院 院長の藤田陽一です。

 

大きな虫歯が原因で歯の神経をぬかなければいけないことを歯科医師につげられたことなど、過去にご経験された方もたくさんいらっしゃると思います。

 

「歯の神経」これは一体何のことでしょうか?

 

一般的に「歯の神経」と言われているのは歯の中心にある「歯髄」(しずい)という部分でです。

歯髄には、様々な刺激を脳へ伝達する神経と一緒に、たくさんの毛細血管も存在します。この毛細血管は、

歯に栄養を供給する大切な役割をはたしています。

 

むし歯が進行して、歯に痛みが出てしまったとき「歯の神経をとる」=「抜髄」(ばつずい)という処置が行われます。この「歯の神経をとる」という処置は専門用語で「ばつずい」とよばれています。

 

抜髄を行うと、どのような影響がでるのでしょうか?

 

歯の神経が無くなくなると、冷たい水がしみたりなどという知覚による痛みは、まったく感じなくなります。そのため、再び虫歯になっても、「痛い」「しみる」などの症状を感じないため、かなり悪化するまで放置してしまうこともすくなくありません。抜髄治療は歯の神経にはいっていた根幹内を完全に清潔な状態にほすその後、再び細菌が根管に侵入しないように、根管に詰め物をしますが、再感染を起こし痛みがぶり返すこともあります。

なぜなら、歯髄はすぐに完全に取りきれるものではないからです。 したがって、数回に分けて、虫歯菌に侵された歯の内部の消毒をしていくことになります。 歯髄が存在する状態ならば、歯の内部は抜髄をする前まで、歯髄の中を通る血液によって、休みなしに消毒されています。しかし、抜髄後は歯科医師の手によって消毒を行うので、当然数回の消毒作業が必要となります。歯の内部に入れる薬には作用する時間の限界があります。この限界は通常2週間程度といわれています。薬の効力が無くなると、逆に歯の内部が細菌の住みかになってしまい、治療前以上に状態が悪化することもあるのです。歯の内部の治療のことを『根管治療』『根治』と言うのですが、根管治療前と治療後にはそれほど劇的な目に見える変化が無いため、毎回同じことをやっていて治療が進まない、と勘違いする方もいます。 しかし、元々絶え間なく消毒されていた部分を、歯科医師自身の手によって消毒しているのです。一度や二度では消毒しきれないのですが、治療の回数が増えるたびに少しずつ綺麗になっていくのです。 また、歯の根管の形や状態は人によりさまざまです。時間がかかったり、治療回数が多くなったりする場合もよくあります。

また、歯髄を失った歯は、栄養や酸素などの供給源が断たれてしまいます。歯の神経は取らないに越したことはありません。

つやを失い黒褐色に変色することもよくあります。

歯を失う原因には、歯周病や虫歯、外傷なども色々ありますが、最も多い原因のひとつに歯の根が折れる、歯根破折があります。歯根破折は失ってしまった歯の約3割を占めるといわれています。歯根破折を生じた歯のほとんどは神経のない歯であり、歯を失わないためには歯髄を守ることが重要であることがわかります。 虫歯になったとしても大きくなる前に発見して、治療することが大切になってきます。

大切な歯を守るために、日々のお口のケアや、かかりつけの歯科医院などで定期検診を受けてみてはいかがでしょうか?

 

 

PageTOP