歯の豆知識

2018/01/11
虫歯を放置すると…..

歯の豆知識

 

 

虫歯を放置すると…

 

神奈川県川崎市川崎区 小島新田駅 駅前のパール歯科医院 院長の藤田陽一です

 

皆さんの中で、虫歯はあるが、何らかの理由で歯科医院に通うことができない、または、虫歯はあるが痛みがなくなってきたので、その虫歯を放置してしまっている方はいますでしょうか?

そんな虫歯を放置すると、お口やお身体にどのような影響を与えるかご存知でしょうか?

 

今回は、虫歯を治療せずに放置すると、どのようになるのかについてご説明します。

 

「虫歯を放置する」

 

これは大変危険なことです。

歯が溶けてなくなってしまうだけでなく、生活全般に影響を及ぼすことがよくあります。

 

私達のお口の中は、食べかすに含まれる糖をエサに増殖した歯垢が、酸(カルシウムを溶かす)をだして歯の表面を溶かし(脱灰)、また溶かされた歯は唾液の働きによって元に戻るようになっています。(再石灰化)。歯は物を食べるたびに脱灰と再石灰化を繰り返しているのです。このバランスが崩れたとき虫歯になります。

 

この虫歯を放置し虫歯が進行してしまうと、虫歯の菌は歯の神経に到達し、痛みが出てきます。

それでもさらに放置してしまうと、虫歯の菌に侵された歯の神経はやがて死んでしまいます。

本来であれば、死んでしまった神経は歯の根管治療で取り除くことができますが、そのままにしていると歯の中で腐敗してしまい、やがて細菌をばらまくようになるのです。神経が死んでいるので、歯の痛みはもうありません。がしかし、放置した虫歯の恐ろしさはここから始まるのです。

腐った神経から細菌が、あごの骨にまで広がっていきます。すると、あごの骨が炎症を起こして化膿し、歯ぐきから膿が出てくるようになります。また、あごの骨髄が細菌に感染して「骨髄炎」になってしまったり、体調不良などが続くようになることもあります。さらに、細菌が血液の中に入り込んでしまうと全身をまわり、その菌が脳に入り込んでしまうと「脳梗塞」や「脳腫瘍」などの病気を、また心臓に入り込むと「心筋梗塞」そして、近年、日本人の死因第3位の「肺炎」などといった病気を引き起こすケースもまれにあるのです。

虫歯を放置することは、重い病気にかかるリスクが高くなり、最悪、大事なあなたの命さえも落とすことになりかねないのです。そのようにならないためにも、早い段階において歯科医院で治療、そして、虫歯の予防をすることがとても大切になってくるのです。虫歯を放置してしまっている方は手遅れになる前に、かかりつけの歯科医院で、お早めに治療することをお勧めいたします。

PageTOP