カテゴリー: ドクターブログ

2016/11/09
昨日は「いい歯の日」

こんにちは。第2水曜日担当の西山です。

昨日、11月8日は「いい歯の日」でした。6月には「虫歯予防ディー」があります。

6月4日虫歯の語呂合わせよりは「いい歯」の方が良いかもしれません。

「いい歯の日」は日本歯科医師会が「いつまでも美味しく、そして、楽しく食事をとるために、口の中の健康を

保っていただきたい」「80歳になっても自分の歯を20本以上保とう」という「8020運動」の推進の一環で、国民

への歯科保健啓発の強化を目的として制定されたものだそうです。
年に何度か声をかけて、旗を振って応援します。
しかし、毎日のお手入れがやはり不可欠です。
歯ブラシが面倒な方、磨くのがへたな方、、、、こんなことやってみてください。
・磨き終わったらもう一度磨いてくださいーへたでも2度磨けばきれいになると思います。
・お風呂で温まっているとき湯船で歯ブラシしてみましょう。のんびりていねいに、血行が良くなると歯肉の状況
 もよくなります。
・お酒を飲むと夕食の後の歯ブラシが面倒になる方、飲む前に磨きましょう。夕食の分は残りますがそれまでにた
 まった汚れはとれます。食後やれるともっといいのですが。
・朝は起き抜けと朝食後の2度はブラシをするといいですよ。寝ている間にも歯垢が増えています。朝食前に落と
 しましょう。食後は食べかすを落としてください。
続けると違いが出てきます。1つでも試してみてください。

2016/10/22
ご無沙汰しています

第2水曜日担当の西山です。

10月に入っても30度の日があったかと思うとここに来て急に涼しくなりました。

やはり季節は進んでいます。

先日お越しになった患者様が「先生、こんにちは。今日も先生との約束じゃないです。

これはいいことですよね。」と仰っておられました。

もう数年前、虫歯は多発して治療をしました。

就寝前に身体の為にと乳酸飲料を飲んでいたら虫歯は急増してしまったのです。

治療後定期的に検診やクリーニングを続けてくださっています。

たまに治療をすることもありますが、最近は検診をさせて頂くことがほとんどです。

乳酸飲料ともうまくお付き合いしているようです。

そして定期検診とクリーニングを欠かさずなさってくださいます。

悪くなれば私の予約が必要になります。

治療ではなく病院にお越しになることはいいことですね。

検診やクリーニングが普及する前は「痛くもないのに歯医者に行くなんて考えられない。」

と言われたものです。

当たり前のことですが、虫歯も歯周病も悪くならないにこしたことはありません。

その為に是非、お越し下さい。

治療とはご無沙汰でも検診とクリーニングは欠かさずお越し下さい。

季節の変わり目は体調を崩しやすいものです。

食欲の秋ですからしっかりメインテナンスをして美味しいものを召し上がってください。

2016/09/14
オリンピック選手

9月になりましたがまだまだ暑いですね。

第2水曜日担当の西山です。
先頃おこなわれたリオオリンピックと現在おこなわれているパラリンピック
多くの感動をいただきました。
パラリンピックの放送も多く、オリンピック以上の感動を得ています。
東京オリンピックの時には両方見に行きたいと思います。

そんな中こんな記事を見つけました。

北米と英国の専門家らによる今回の研究では、トップレベルおよびプロのスポーツ選手の口腔衛生に関するこれまでの研究報告39件について調査が行われた。
その結果、虫歯は15~75%、また中度から重度の歯周病は最大15%、さらにエナメル質の侵食は36~85%のスポーツ選手に影響を与えていることが明らかになった。
また今回の研究では、2012年のロンドン(London)五輪開催時の調査結果も調査の対象となっており、
この調査では、過去1年に歯医者を受診していないと応えたスポーツ選手が全体の46.5%に上っている。

オリンピックは様々な国から様々な環境下の選手がいますので必ずしも良い口腔環境であるとは限りません。
日本のトップアスリート水泳の北島選手・野球のイチロー選手はこんなです。

アスリートにとっても歯は重要な問題だという北島選手。水泳でも歯をくいしばって力を出すことが多く、「オリンピックに向けて注意して手入れしていた」と話す。
マーリンズのイチロー選手は、口腔内に関しては人一倍気をつかっているそうで、なんと1日の歯磨きの回数は5回。
朝起きた後、練習後のシャワー中、帰宅後、夕食後、寝る前の歯磨きを毎日行っているそうです。

スポーツ選手だけでなく何方でも虫歯が痛んだり歯周病が悪化すれば生活に支障をきたします。
増してや、スポーツ選手は過酷な環境にいます。

口腔衛生に関する問題は、スポーツドリンク、高炭水化物食品やトレーニング法などに起因している可能性があるという。
スポーツ選手は、食事制限や練習からの大きな圧力に直面しており、それが歯への負担となって表れているという。
唾液は歯を守る上で効果があるため、激しい運動による脱水症状は、口腔の健康不良を増加させる可能性がある。

こんな状況だそうです。
2020年の東京オリンピックに向けて良い取り組みもあるようです。

スポーツ選手は歯が命? 2020年の東京五輪に向け、虫歯や歯のかみ合わせが
スポーツ選手のパフォーマンスにどう影響するのかを解明するためのユニークなプロジェクトが発足した。
サッカーJ2、セレッソ大阪のアカデミーなどを受け持つ「一般社団法人セレッソ大阪スポーツクラブ」
(宮本功代表理事)と「大阪歯科大学」(川添堯彬学長)が今年2月、連携研究協定を締結。
担当する吉川一志准教授(48)=歯科保存学=によると、中長期的にスポーツ選手の口腔(こうこう)環境と
パフォーマンスの関連を調べるのは、世界的にも珍しいという。
もしかしたら、口腔環境を整えることで、80%しか発揮できていなかった選手の潜在能力を100%引き出せるようになるかもしれない。
口の中を変えることで、パフォーマンスが変わることを証明していきたい」と話している。

こんな記事です。
少なくとも口腔内の環境が良い方が力を発揮できると思います。
東京オリンピックに向けて色々な取り組みが行われると思います。
選手の健康管理の一環として是非口腔内環境を整えられるようなるといいですね。

2016/08/09
あつい

こんいちは、第2水曜日担当の西山です。

今年の夏は何と暑いことでしょう。

昨日、コンビニへ行ったときアイスクリームのケースがガラガラでした。

この暑さです。

食べたくなりますね。

夏はジュースにアイスクリームついつい手が出ます。

ジュースを飲んだ後、アイスクリームを食べた後はブラシしますか?

美味しい物を食べた後は歯ブラシを忘れないでください。

外出先でブラシが出来ない時は水やお茶も飲みましょう。

そして、帰宅し手や顔を洗うとき歯ブラシもしてください。

これから夕食でもやってください。

汚れを一緒にいただきたくありませんね。

暑い夜、つい飲んでしまうジュース。

お茶や水を用意してください。

寝不足で疲れがたまると歯肉が腫れたり歯が浮いたりします。

この時期、歯周病が悪化します。

どうぞ皆さまご自愛ください。

2016/07/13
電動歯ブラシ

2016/07/13

こんばんは。
第2水曜日担当の西山です。

先日、ドイツ・フランクフルトの飛行場で乗り継ぎをした時のことです。
お土産を見ているとブラウンのオーラルーBが目につきました。

そういえば、ブラウンはドイツの会社
「ブラウン(Braun GmbH)は、ドイツ・クロンベルク
に本拠を置く小型電気器具メーカーである。
1921年にマックス・ブラウンによって設立された。
日本においては電気シェーバーや電動歯ブラシが有名。」

オーラルーBはテレビでコマーシャルが流れており
よく知られた電動歯ブラシの一つです。
別にこれをお勧めしているわけではありません。
ホームページをみました。
色々な情報が載っていました。
最近の機種や価格を調べてみました。
今は手軽に通販や量販店で購入できます。
価格ははどう考えるかですね。

歯ブラシも道具です。
うまく使えば効果があると思います。
どんなブラシが良いか磨き方があるのか。
ご質問ください。
益々、健康な日々をお過ごしください。

2016/06/08
歯と口の健康週間

第2水曜日担当の西山です。

6月になりました。
2016年も折り返し地点に来ています。
今週は「歯と口の健康週間(6月4日~10日)」です。

以前にも書きましたが目的は
「歯と口の健康に関する正しい知識を国民に対して普及啓発するとともに、歯科疾患の予防に関する適切な習慣の定着を図り、併せてその早期発見及び早期治療を徹底することにより歯の寿命を延ばし、国民の健康の保持増進に寄与することを目的としています。2015年度(平成27年度)は「おくりたい 未来の自分に きれいな歯」の標語のもと、全国各地で地域住民参加型の各種啓発事業を展開しました。」
歴史は
「厚生労働省、文部科学省、日本歯科医師会が1958年(昭和33年)から実施している週間です。
1928年(昭和3年)から1938年(昭和13年)まで日本歯科医師会が、「6(む)4(し)」にちなんで6月4日に「虫歯予防デー」を実施していました。1939年(昭和14年)から1941年(昭和16年)まで「護歯日」、1942年(昭和17年)に「健民ムシ歯予防運動」としていましたが、1943年から1947年までは中止されていました。しかし、1949年(昭和24年)、これを復活させる形で「口腔衛生週間」が制定されました。1952年(昭和27年)に「口腔衛生強調運動」、1956年(昭和31年)に再度「口腔衛生週間」に名称を変更し、1958年(昭和33年)から2012年(平成24年)まで「歯の衛生週間」、そして2013年(平成25年)より「歯と口の健康週間」になっています。」

皆さんの回り学校や職場で何か取り組みがありましたか?
情報が溢れる現在はこのような押し付けの啓蒙活動は役に立っているか心配です。
6/4虫歯よりも、4/18良い歯の日11/8いい歯の日の方が受け入れられているかもしれません。
虫歯のない方もお口の健康を思い出す日にしてください。
健康を守るのはご自分です。
私達もお手伝いさせていただきます。

Page 3 of 2412345...1020...Last »

PageTOP