院長ブログ

日本インプラント臨床研究会 定例研修会に出てきました

ここの所忙しくてずっと院長ブログをサボっていました

ブログはサボっていましたが、勉強はサボっていた訳ではありません

最近いい気候になってきましたし、またこまめに院長ブログ書いていきたいと思います

先日、品川にある東京カンファレンスセンター品川で

今年1回目のインプラント臨床研究会の定例研修会が行われました

会員発表では、以前もこの欄で紹介した

自分もお世話になっている、福西先生が発表されました

内容は大変レベルの高いものです

顎の骨が不十分な場所に、骨を作った上でインプラントを埋め込む・・・。

 

横方向に骨を増生させるのは、自分もよくやるのですが、

垂直方向に、骨を増生させるのは至難の業なのです

それに関しての症例発表でしたが、さらにそれが審美性も重要視される

上の前歯を複数歯行う、という大変な難症例でした

チタンメッシュという特殊な膜で人工骨を包んで、垂直方向に骨を造り

CTとコンピューターを連動させて作った、ガイデッドサージェリーで

インプラントを埋入するという

最先端の技術を駆使して、行った症例でした。

そしてもう一人は、一昨年自分と一緒にこのインプラント臨床研究会の

100時間コースを受けた、澤口先生です

大変勉強熱心で、わざわざこの発表のために長野県から駆けつけてくれました

また澤口先生は、歯周病の専門医でもあり

その方面でも、日本の第一人者といえます

発表の内容は、スタンダードなインプラント治療を

いかに長期的予後を見据えた上で行うか

という題目です。

歯周病治療のスペシャリストだけあって

大変丁寧なオペで、術後のメンテナンスも高いレベルで行われており

術後10年以上経ているにもかかわらず

インプラントを支える骨の状態は、ますます良好という状態です

お二人とも、自分にとってこのスタディーグループの中で、「気軽に話せる友達」

という感覚だったのですが、この日の発表をみて考え直しました

今後は、福西師匠 澤口師匠と呼ぶつもりです

お問合せ・ご予約はこちら

ご相談をご希望の方は、下記の電話番号までお電話いただき初診のご予約をいただくか、 下記の「無料相談メールフォーム」に相談内容をご記入の上、送信ボタンを押して下さい。 電話やメールではお答えするのが難しい場合には、初診のご予約をお願いする場合があります。 また、初診はすべて保険内での診察となります。

お電話

  • お問合せはこちら044-280-3918
  • 土曜日も診療しています。
  • 駐車場完備

メールフォームでのご相談

ご予約前のご質問や疑問に
メールでお応えします

※電話での無料お悩み相談は承っておりません。
診療中にお受けしてしまうと、他の患者様にご迷惑をお掛けしてしまいますので、ご理解の程お願い申し上げます。

ページトップへ