院長ブログ

日本口腔インプラント学会 東北支部学術大会に参加してきました 3

さて上の写真、今学会最高内容の発表をした 山形大学飯野光喜教授です

チョットぶれてて申し訳ありません

その内容というのは、「広範囲な顎骨欠損等の特殊な症例に対する、インプラントを

併用した補綴治療」 です

よくわかりませんよね!

解かりやすくいうと

癌や交通事故等で、下顎全部無くなっちゃった人がいます

あるいは上顎無くなっちゃって 鼻まで突き抜けて大穴が空いた人がいます

あるいは生まれつき上顎や下顎がない人もいるらしいです

当然食べるのは流動食ですよね!

だって総入れ歯さえ入れられないんですもの

片側ないから

そういった人たちに、足の骨の一部をとってきて、しかも血管つきで

または、腸骨といってお尻の上の骨を採ってきて、ハイドロキシアパタイトや

βーTCPという人工の骨と混ぜ合わせて、チタンの板でつないだり、

チタンの膜で海苔巻きみたいに包んだりして、上顎や下顎を創っちゃうんです!!!!

血管も縫い付けて繫いじゃうんです

そこにインプラントを埋め込んで、歯を立てちゃうんです

歯医者というより、もはや医者ですよね!

患者からみればもはや神!!!!!

一生流動食と思っていたのを、ちゃんと食べられるようにしてくれるんだもん

そりゃ細かいこといえば、神経系の走行とか筋肉の付着とか突っ込み所は

山ほどあるけど、見た目だってそこそこ普通になりますもの

素晴らしいです!

飯野先生は、自分と6~7歳しか違わないけど はるか彼方を歩いている人に見えました

驚くと口が開くってきいたけど、自分はこの発表聞いてて後半ずっと口開いたままでした

最後にこの治療は、当たり前かもしれないけど保険治療に該当すると言ってました

ですので、1回治療すると材料代と技工代にも満たないとのことです

つまり大赤字

ただその赤字をかぶるのは、飯野先生じゃなくて山形大学です

だから飯野先生は、山形大学に対してちよっと肩身が狭いということです

なんかおかしいんじゃないでしょうか?

これだけ素晴らしい技術をもった歯科医師に肩身の狭い思いをさせちゃ

ぜひここは、歯科医師会なり大学関係の偉い人なり、政治家の先生達に

頑張って貰いたいと思います

お問合せ・ご予約はこちら

ご相談をご希望の方は、下記の電話番号までお電話いただき初診のご予約をいただくか、 下記の「無料相談メールフォーム」に相談内容をご記入の上、送信ボタンを押して下さい。 電話やメールではお答えするのが難しい場合には、初診のご予約をお願いする場合があります。 また、初診はすべて保険内での診察となります。

お電話

  • お問合せはこちら044-280-3918
  • 土曜日も診療しています。
  • 駐車場完備

メールフォームでのご相談

ご予約前のご質問や疑問に
メールでお応えします

※電話での無料お悩み相談は承っておりません。
診療中にお受けしてしまうと、他の患者様にご迷惑をお掛けしてしまいますので、ご理解の程お願い申し上げます。

ページトップへ