ドクターブログ

  • 院長ブログ
  • 歯科医師ブログ
  • スタッフブログ
  • 豆知識ブログ
1 2 3 4 5 24

第47回日本口腔インプラント学会学術大会

インプラント学会学術大会初日

第47回日本口腔インプラント学会学術大会 仙台大会に参加するため、9月22日の金曜日から9月24日の日曜日まで仙台に行ってまいりました。日本口腔インプラント学会(JSOI)は46ある歯科医学関係の学会で、日本最大の歯科学会です。全国各地からインプラントを得意とする歯科医師や歯科関連の研究者が学会に集まり研究報告や治療報告などが発表されます。また、インプラント専門医資格の申請や更新にはこの会に参加しなければなりません。

昼過ぎに、仙台駅に到着し、ちょっと遅い昼食を仙台駅近くの牛タン屋さんですませて、いざ会場の仙台サンプラザへ!

毎年の事ながらすごい熱気です。会場には、日本を代表するようなインプラントの達人や第一人者の顔が多数見られました。夕方終了後、自分の所属する日本インプラント臨床研究会の仲間と近くの料亭で飲み明かしました。

 

 

インプラント学会学術大会 2日目。 インプラント学会は朝の9時からはじまります。前日は深酒してしまいましたが、何とか遅刻せず会場に到着いたしました。学会会場は機器展示場も含めると、10会場もあります。その会場の中から、自分が一番興味のある内容を選んで聴講するのです。自分は審美歯科とインプラント関連についてのものを選択しました。

そして夕方から自分自身が演者として発表いたしました。題名は「外圧遮断とGBR法を併用し上顎前歯部にインプラントを行った1症例」早い話が、この方法でインプラントを埋めると早くていたくないんですよ!という方法です。会場に足をはこんでくださった皆さん、ありがとうございました!

 

 

3日目最終日

昨日の発表からの緊張がとけたせいか本日は朝から何となく頭がボーッとしてます。それでも、朝の8時から始まるモーニングセミナーで発表する、今注目の飯島俊一先生の講演があるため、急いで会場に向かい、夕方までの1日を過ごしました。

今回のインプラント学会もほぼフルで出場、最初から最後まで参加致しました。去年は、BRONJ (骨粗鬆症の薬と外科処置)あたりがトピックスでしたが、今年はCAD/CAM (コンピューターが歯を作製)一辺倒のような気がしました。時代の流れを感じます! 一緒に勉強してくれる仲間に感謝です。

 

 

暑い夏

第二水曜日担当の西山です。

大変暑い日が続きます。

夏休み真っ只中、ついつい無理をしてしまいます。

歯茎が腫れたり、お痛みが出ていませんか?

疲れたと思った時は、丁寧な歯ブラシをやってみましょう。

こんなに暑いとつい手が出るアイスクリーム。

食べた後、歯ブラシいていますか?

外食が増える時期です。

食後の歯ブラシできていますか?

人の集まるこの時期、ついつい飲みすぎて歯ブラシせずに寝ていませか?

楽しいことがいっぱいの夏休みを楽しむために。

いつもより丁寧な歯ブラシを心がけてください。

それでも、痛くなったら、ご連絡ください。

お盆の休み中も診療しております。

どうぞ、ご自愛なさって楽しい夏休みをお過ごしください。

歴史散歩

こんにちは。第二水曜日担当の西山です。

私は横浜に住んでいます。横浜は明治の開港以来、外国から色々な事柄が導入されました。開港のまち・中区には「もののはじめ」や横浜開港の歴史を伝える碑が点在しています。西区のホームページを見ますとこんな案内がありました。その中に「もののはじめコース」があります。

もののはじめコース

ルート:馬車道駅~関内駅
所要時間:約60分
スタート
07.日刊新聞発祥の地 →08.生糸貿易商・中居屋重兵衛店跡 →09.写真の開祖・下岡蓮杖 →10.日本で最初のガス灯 →11.我国西洋歯科医学発祥の地・西洋歯科医学勉学の地 →12.アイスクリーム発祥の碑 →13.牛馬飲水槽 →14.近代街路樹発祥の地→15.鉄の橋、ブラントンと横浜 →16.吉田橋関門跡 →17.神奈川県電気発祥の地 →18.横浜ベイスターズ優勝モニュメント →19.我国最古の公園 →20.港町魚市場跡 魚市場跡でゴール!

この中にある「我国西洋歯科医学発祥の地・西洋歯科医学勉学の地」とはなんでしょう。この地に建てられている碑文には下記のように刻まれています。

「 我国西洋歯科医学発祥の地

ここは、万延元年(一八六〇年)歯科医師として最初に来日した米国人ウィリアム・クラーク・イーストレーキ博士が、来浜三度目の明治十四年に歯科診療所を開設したゆかりの地である。
 博士は、明治元年二度目の来浜に際し歯科診療所(所在地不詳)を開設し、献身的な診療活動のかたわら日本人歯科医師の育成に努力を傾注し、日本近代しか医学の世界的発展の端緒を開く役割を担われた。
 いま、イーストレーキ博士の来浜百二十五周年ならびに、神奈川県歯科医師会創立六十周年を迎えるにあたり、博士の多大な業績をたたえその意義を後世に伝えるため西洋歯科医学発祥のこの地に顕彰の碑を建立するものである。
昭和六十年十一月吉日 社団法人神奈川県歯科医師会 会長 加藤 増夫  」

「日本で最初のガス灯」 「アイスクリーム発祥の碑」ガス灯やアイスクリームの発祥の地であることは有名です。もっと色々ありますが、夏休みにこんな石碑を見て回るのはいかがでしょうか?

6月4日

こんにちは。

第二水曜日担当の西山です。

6月は虫歯予防週間です。

先週はテレビでも虫歯に関連した番組が放送されていました。

皆さんの知識が増えてのではないでしょうか?

「沈黙の虫歯」聞いたことおありですか?

大人の虫歯で痛みがないのに虫歯が進んでしまうことがあります。

虫歯の痛みが感じにくいように歯髄(神経)を減らす作用があります。

大人になるとだんだん鈍くなるわけです。

いよいよ痛みが出る頃には歯髄まで虫歯が進んでいます。

「歯の根にできた虫歯」これも大人の虫歯です。

本来歯の根は骨の中にあり虫歯になりません。

ところが歯周病が進んで骨が壊れてしますと歯の根が出てきます。

歯の根には歯を守る硬いエナメル質がありません。

露出した歯の根は虫歯になりやすいのです。

「大阪八尾市は歯ブラシの生産量が全国の30%」

生産量日本一だそうです。

近鉄八尾駅前噴水広場に、歯ブラシのモニュメントがあるそうです。

おまけの知識も上げておきます。

さて、気がつかないうちに進む虫歯を防ぐには

定期的な検診を欠かせません。

6月は虫歯がないか検診にいらしてください。

ハミガキ剤

第2水曜日担当の西山です。

一気に暑くなりました。
体調はいかがでしょうか?

皆さま、連休はいかがでしたか?
休みの疲れが出ていませんか?

早く日常を取り戻しましょう。

お口のお手入れも忘れないでください。
最近は色々な商品がでいています。
「歯磨き粉」という言葉が残っているように昔は「粉」の時期がありました。

ライオンの歴史を見ると
1896年明治29年
粉ハミガキ「獅子印ライオン歯磨」を発売。
1900年明治33年
社会貢献活動のために粉ハミガキ「慈善券付ライオン歯磨」を発売(大正9年まで20年間継続)。
1911年明治44年
日本で初めてチューブ入(押出管入)の煉(ねり)ハミガキ「ライオン煉歯磨」を発売
1949年昭和24年
チューブ入煉ハミガキ「薬用ライオン歯磨」を発売
1951年昭和26年
米国デュポン社のナイロンを植毛した「ライオン歯刷子」を発売
1961年昭和36年
美白効果の高い新原料リン酸カルシウム基材を使用した白い歯のための「ホワイトライオン」ハミガキを発売。

この辺まで来ると今でも目にする商品が出てきます。
最近はペーストの他に「液体ハミガキ」があります。

花王
液体ハミガキ        液体ハミガキは、チューブ入りの練りハミガキと同様に、ハブラシを使って歯を磨く時に使用します。
適量を口にふくんでから、ハブラシでブラッシングすることで効果を発揮します。
*チューブ入りの練りハミガキと違い、細かい粒子状の清掃剤(研磨剤)を含んでいません。

さらに「洗口剤」もあります。

花王
洗口液        花王の洗口液は、歯を磨いた後の仕上げに使います。
適量を口にふくんですすぐことにより、ハブラシの毛先が届きにくい歯のすき間などに残りがちな、
原因菌を殺菌し、歯垢の付着を防ぐとともに歯肉炎や口臭を予防、口中を爽快にします。

液体ハミガキと洗口液の違いは?

ライオン
液体ハミガキはハミガキ剤と同じ使い方で、液体ハミガキですすいだ後にハブラシで歯をみがきます。
洗口液はマウスウォッシュと言われ、歯をみがけない時のムシ歯予防に役立ちます。
どちらも口全体に薬剤が広がり隅々までムシ歯菌の殺菌に効果があります。

さて皆さん、日頃どのようなケアーをなさっいていますか?
商品が増えると何を選んだらよいか、どう使ったらよいか。
色々試して楽しいオーラルケアーをいたしましょう。

新年度が始まりました

第2水曜日、担当の西山です。

桜が咲いてから寒い日が続きました。

先週、桜満開の入学式を見かけました。

4月新年度の始まりです。

パール歯科も新しい先生をお迎えして新年度をスタートしました。

若い先生のパワーをいただきより良い診療をお提供できるように頑張ります。

先日、数年ぶりでお見えになった方が「家族に口臭がする」と言われ来院したとのことでした。

自分自身では気がつかない「お口のニオイ」

ご家族だからこそのご指摘です。

歯周病は気がつかないうちに進行しています。

少しでも気になったら是非ご来院ください。

お口の健康は全身の健康を反映しています。

4月は何かと忙しく、疲れが出やすいと思います。

しっかりとケアーをなさってください。

1 2 3 4 5 24

お問合せ・ご予約はこちら

ご相談をご希望の方は、下記の電話番号までお電話いただき初診のご予約をいただくか、 下記の「無料相談メールフォーム」に相談内容をご記入の上、送信ボタンを押して下さい。 電話やメールではお答えするのが難しい場合には、初診のご予約をお願いする場合があります。 また、初診はすべて保険内での診察となります。

お電話

  • お問合せはこちら044-280-3918
  • 土曜日も診療しています。
  • 駐車場完備

メールフォームでのご相談

ご予約前のご質問や疑問に
メールでお応えします

※電話での無料お悩み相談は承っておりません。
診療中にお受けしてしまうと、他の患者様にご迷惑をお掛けしてしまいますので、ご理解の程お願い申し上げます。

ページトップへ