ドクターブログ

そもそも虫歯って?

こんにちは。宮木です。

歯医者は虫歯を治すというイメージが強いようですね。でも歯科医師が行う治療は様々。パール歯科医院でも色々な治療を行っていますが、実は虫歯の治療はそんなに多くはないのが実情です。ただ、入れ歯の調整も、虫歯のために歯を失ったからだとか、根っこの治療も虫歯が原因ということがしばしばなので、それらも虫歯の治療と考えたら、やはり虫歯との戦いは歯医者の重要な役割と言えるかもしれません。

では、そもそも虫歯とは何か?もちろん虫が歯を食ってしまうわけではありません。虫歯菌によって歯が溶かされて、歯に穴が開いてしまう病気です。つまり細菌による歯のダメージですね。

虫歯菌はストレプトコッカス・ミュータンスという名前の丸い細菌です。よくばい菌マンのような絵を描かれますが、虫歯菌には顔もシッポもありません。もちろん顕微鏡をのぞかないと見えません。虫歯菌は砂糖を栄養源としています。だから「砂糖を食べ過ぎると虫歯になるよ!」というのはある意味あたっています。砂糖大好き虫歯菌、砂糖をエネルギー源とする一方で、自分で砂糖からネバネバした物質を作り、歯にくっつきます。砂糖からエネルギーを作るとき虫歯菌は乳酸を排出します。この乳酸が歯の石灰分を溶かしてしまいます。虫歯は砂糖から虫歯菌が作った乳酸で歯が溶かされる病気と要約できるでしょう。

乳酸が歯を溶かすなら、乳酸いっぱいのヨーグルトも歯を溶かすのかって?

はい。溶かします。ヨーグルト以外にも酸っぱい食べ物は歯を溶かします。でもヨーグルトやお酢のような酸っぱい食べ物を食べるなと歯医者に言われたことはないですよね(註)。なぜでしょうか。次回、虫歯菌が作る酸はなぜ歯に穴を開け、酸っぱい食べ物は穴を開けないのか、このあたりを書いてみたいと思います。

註:酸っぱい食品を摂りすぎて歯が溶けてしまう症状が見られる方には酸っぱい食品の摂取を控えるようにお話しすることがあります。

お問合せ・ご予約はこちら

ご相談をご希望の方は、下記の電話番号までお電話いただき初診のご予約をいただくか、 下記の「無料相談メールフォーム」に相談内容をご記入の上、送信ボタンを押して下さい。 電話やメールではお答えするのが難しい場合には、初診のご予約をお願いする場合があります。 また、初診はすべて保険内での診察となります。

お電話

  • お問合せはこちら044-280-3918
  • 土曜日も診療しています。
  • 駐車場完備

メールフォームでのご相談

ご予約前のご質問や疑問に
メールでお応えします

※電話での無料お悩み相談は承っておりません。
診療中にお受けしてしまうと、他の患者様にご迷惑をお掛けしてしまいますので、ご理解の程お願い申し上げます。

ページトップへ