ドクターブログ

バイオフィルム

こんにちは。宮木です。

これまでもパール歯科のブログに書き込みしていましたが、今日からドクターブログに投稿することになりました。引き続き宜しくお願い致します。

今日はバイオフィルムのお話です。

バイオフィルム? 最新の医療技術のような響きです。日本語に直訳すれば生物膜でしょうか。

これ、簡単に言えば微生物の膜状の集まり。台所の排水口にはよくヌメリが着きますよね。実はあのヌメリこそバイオフィルムなのです。

何で歯医者がヌメリと同じバイオフィルムの話をするのか・・・

歯周病の治療は実はこのバイオフィルムとの闘いなのです。歯周病は歯周病原性細菌によって引き起こされます。様々なタイプの細菌や一部カビが混然一体となって歯と歯茎の隙間に住み込み炎症を起こします。バイオフィルムは微生物の共同体で、お互いに栄養をやり取りしたり、剥がれにくくなる物質を作り出して強固に絡み合ったりして共生しています。

ひとたびバイオフィルムを作られてしまうとウガイくらいでは微生物はビクともしません。さらには抗生物質にも抵抗します。やがてバイオフィルムに唾液のカルシウム成分が沈着すると硬い歯石になり、微生物はさらに頑丈な砦を築きます。

台所のヌメリは漂白剤やカビキラーでさっぱり洗い流せます。ところが、お口の中にカビキラーを入れる訳にはいきませんね。抗生物質も効かない、洗浄剤も使えないお口ではバイオフィルムをせっせと壊すしかありません。

バイオフィルムから飛び出た微生物なんてひ弱なものです。せっせとバイオフィルムを壊せば歯周病菌なんて恐れるに足りません。だから、歯磨きは大事なのです!

歯周病原性の微生物がバイオフィルムを作る前に歯磨きでお口から追い出して下さい。バイオフィルムを作っていない微生物にはウガイ薬も有効です。でもバイオフィルムを作られたらウガイ薬は全く効きません。早く歯を磨いて下さい。

歯医者に来ると「歯を磨いて下さい」と耳にタコができるほど言われる思います。うるさいかもしれませんが、私たちは言いますよ!磨いて下さい!!!バイオフィルムを作らせてはいけません。作られたら壊しましょう。歯磨きです。

正しい歯磨きにはちょっとしたコツがあります。私たちがアドバイスしますので、是非いらして下さい。

「歯の磨き方を教えて」・・・大歓迎です。

お問合せ・ご予約はこちら

ご相談をご希望の方は、下記の電話番号までお電話いただき初診のご予約をいただくか、 下記の「無料相談メールフォーム」に相談内容をご記入の上、送信ボタンを押して下さい。 電話やメールではお答えするのが難しい場合には、初診のご予約をお願いする場合があります。 また、初診はすべて保険内での診察となります。

お電話

  • お問合せはこちら044-280-3918
  • 土曜日も診療しています。
  • 駐車場完備

メールフォームでのご相談

ご予約前のご質問や疑問に
メールでお応えします

※電話での無料お悩み相談は承っておりません。
診療中にお受けしてしまうと、他の患者様にご迷惑をお掛けしてしまいますので、ご理解の程お願い申し上げます。

ページトップへ