ドクターブログ

唾液

唾液(だえき)

通称、よだれ。
常にお口の中に湧き出てくる不思議な液体です。
ただ、どこかしこから出てくるという訳ではなく、
決まった器官で作られ、
決まった場所から出てきます。
大唾液腺と小唾液腺という器官があり、
それぞれから、よだれが出てくるのです。
さらに大唾液腺は、顎下腺、舌下腺、耳下腺の3つ
そして小唾液腺には、口唇腺、頰腺、臼歯腺、
口蓋腺、前舌腺、後舌腺、エブネル腺
と、お口の中の様々な所に存在します。
それぞれに異なる作用、唾液を出すタイミングが存在し、
上手いバランスをとっています。
唾液は、99%のほとんどが水で出来ていますが、
残りの1%に様々な効果を持った酵素やミネラルなども含まれています。
○ミネラル
・ナトリウム
・カリウム
・カルシウム
・マグネシウム
などなど。
酵素としては、
○殺菌・抗菌作用を持つもの
・リゾチーム
・ラクトフェリン
・ヒスタチン
・ペルオキシダーゼ
・免疫グロブリン
など
○消化作用を持つもの
・アミラーゼ
・マルターゼ
・リパーゼ
他にも数多くの種類の成分が含まれています。
すべてが解明されているわけではありませんが、
よだれがただのネバネバした水では無い!
という事がお分かりかと思います。
怪我をした時に、
ツバを付けとけば治る!
なんていう民間療法を耳にしたことないですか?
現代では、
ツバには唾液の成分とは別に
様々な雑菌が含まれている事が分かっていますし、
抗菌作用といっても、
傷口の雑菌を殺す、強い作用も持ち合わせていませんので、
傷口にツバを塗っても
傷が治ることはもちろんありませんし、
逆に雑菌を増やしてしまう恐れもあります。
ただ、殺菌・抗菌作用がある、
という事実はありますので、
知ってか知らずか、
昔の人の知恵というのは
すごいですね。
抗菌作用のほかにも、
口の中の粘膜の保護や洗浄、排泄
食べ物に染み込んで、噛みやすくする
など、生きていくのに必要な作用を持っています。
唾液が少なくなると、これらの作用が弱くなり
様々な障害が出てきます。
ドライマウスなど、口の中がカラカラになってしまうという
病気もあります。
最近口の中が乾燥したり、
食べ物が飲み込みにくくなった、
など、思い当たる節がある方は
ご相談下さい。
トレーニングやマッサージなど
治療をして、唾液を増やす事が出来ます。
吉村でした!

お問合せ・ご予約はこちら

ご相談をご希望の方は、下記の電話番号までお電話いただき初診のご予約をいただくか、 下記の「無料相談メールフォーム」に相談内容をご記入の上、送信ボタンを押して下さい。 電話やメールではお答えするのが難しい場合には、初診のご予約をお願いする場合があります。 また、初診はすべて保険内での診察となります。

お電話

  • お問合せはこちら044-280-3918
  • 土曜日も診療しています。
  • 駐車場完備

メールフォームでのご相談

ご予約前のご質問や疑問に
メールでお応えします

※電話での無料お悩み相談は承っておりません。
診療中にお受けしてしまうと、他の患者様にご迷惑をお掛けしてしまいますので、ご理解の程お願い申し上げます。

ページトップへ