ドクターブログ

妊婦さんへ。

院長 藤田です。

9月になり、ほんの少し?朝晩、涼しくなってきたような気がします。

今日は、妊婦さんへのお話をしたいと思います。
「一子を産むと、一歯を失う」ということわざのように、妊娠中は歯のトラブルが起きやすくなります。これは、お母さんのカルシウムが、赤ちゃんの体に吸収されるからではありません。つわりなどで、十分に歯磨きできなかったり、ホルモンのバランスが変化して、唾液の性質が酸性に変化するためです。
また、妊娠性歯肉炎といって、妊娠特有の歯茎の腫れが生じる方もいます。妊娠前は、歯磨きをしても、歯茎から血がでなかったのに、妊娠すると歯茎から血が出るという方も多くいます。
このように、トラブルが起きやすい妊娠中ですが、妊娠中には歯の治療ができないと思っている方が多くいます。妊娠は、初期(4カ月まで)、中期(5カ月~7カ月)、後期(8カ月以降)に分けられますが、妊娠中期であれば、歯の治療は基本的にOKです。麻酔もレントゲンも、きちんと対応すれば、問題ないのです。
続きは次回また。

お問合せ・ご予約はこちら

ご相談をご希望の方は、下記の電話番号までお電話いただき初診のご予約をいただくか、 下記の「無料相談メールフォーム」に相談内容をご記入の上、送信ボタンを押して下さい。 電話やメールではお答えするのが難しい場合には、初診のご予約をお願いする場合があります。 また、初診はすべて保険内での診察となります。

お電話

  • お問合せはこちら044-280-3918
  • 土曜日も診療しています。
  • 駐車場完備

メールフォームでのご相談

ご予約前のご質問や疑問に
メールでお応えします

※電話での無料お悩み相談は承っておりません。
診療中にお受けしてしまうと、他の患者様にご迷惑をお掛けしてしまいますので、ご理解の程お願い申し上げます。

ページトップへ