ドクターブログ

歯ぎしり

歯ぎしり (歯軋り)

多くの方が、悩まれておられ、
ご相談にいらっしゃる方が少なくありません。
歯ぎしりとは、
寝ている時や起きてる時を問わず、
歯をすり合せたり、噛み締めたりする癖の事です。
専門的にはブラキシズムとも言われます。
このブラキシズムにはいくつかのタイプがあります。
・グラインディング
「ギリギリ」と歯を擦り合わせる歯ぎしり。
一般的にこのタイプが多いです。
・クレンチング
「ググッ」と上下の歯を強く噛み合わせる歯ぎしり。
起きている時に無意識にしていることが多く、
自覚症状がほとんど無いために
発見が遅れることがあります。
・タッピング
「カチカチッ」と歯を打ち鳴らす歯軋り。
歯ぎしりの中ではまれなタイプです。
歯ぎしりを続けていると様々な問題が起こります。
肩こり、偏頭痛、目の奥の痛み
歯が削れたり、割れる
歯周病の進行
顎関節症
睡眠時無呼吸症候群・・・etc
他にも様々な症状を引き起こす事があります。
歯ぎしりは、人間の本能で、
ストレスを解消するために行われていると考えられています。
そのため、
歯ぎしりの最大の原因は
「ストレス」
と考えても良いでしょう。
ストレス社会・・・
なんて言われるこのご時世、
お心あたりのある方もおられるかと思います。
また、歯ぎしりはお子様にもよく見られます。
しかし、多くの場合、
これは歯の生えかわりや骨の発育に必要なものであり、
自然に治ると言われています。
歯ぎしりを治すにはどうすればいいのか?
まずは「ストレス」を無くす事!
自己暗示療法、精神安定剤を使用する方法、
漢方を使用する方法など様々ありますが、
普通の歯科医院で行っている所はあまりありません。
十分な睡眠、休憩、
ストレスを感じているな、と感じた時に、
自分にリラックス!リラックス!と
言い聞かせてみたり。
簡単な治療は、
普段の生活の中ですることが出来ます。
歯科で最も良く行われる歯ぎしりの治療法は
「ナイトガード」
を装着して頂く、というものです。
ナイトガードとは、
いわゆるボクシング選手が付けているマウスピースを
もう少し薄くした様なもので、
この装置が上下の歯の間にあることで、
歯を直接かみ合わせないようになり、
歯同士が擦れる事がなくなります。
これは歯を守るというだけではなく、
マウスピースを装着することによって安心し、
少しでもストレスを軽減させるということも、
大きな目的の一つです。
歯ぎしりをしているかしていないかを
見分けるポイントがいくつかあります。
その中のひとつ、
骨隆起
というものがあります。
骨隆起は
下の前歯の裏側の歯茎の所に出来てくる骨の事です。
鏡でご自身の口を見てみましょう。
ポッコリと石の様に丸い塊が、歯茎の裏側にあったら
それは骨隆起です。
これは決して悪いものではないので、
ご心配されないように。
この骨隆起は歯ぎしりが原因で出来ると言われています。
なぜ骨隆起が出来るのか、
というお話はまたの機会に。
もし骨隆起があったら、
歯ぎしり要注意です!
ご本人は寝ているので気にならないかもしれません。
しかし、隣で寝られている、大切な方はどうでしょうか?
ご友人との旅行先で、心置きなくグッスリ寝られますか?
もし身近な方に、歯ぎしりを指摘されたり、
骨隆起があったり、
朝起きるとあごが疲れていたり、、、
と心あたりのある方がいらっしゃれば、
一度ご相談下さい。
第二土曜担当、吉村でした!

川崎市 川崎区 大田区で歯医者・歯科医院をお探しの方はパール歯科医院にご相談ください。

インプラント・入れ歯・親知らず治療・虫歯治療・歯周病治療・矯正歯科・小児矯正歯科・審美歯科・予防歯科などの治療に対応しております。 マイクロスコープ、歯科用CTレントゲンを完備しておりますので、より精密な治療が可能です。

〒210-0822 神奈川県川崎市川崎区田町2丁目13−1
tel:044-280-3918
診療時間:
午前-----9:00-13:00
午後-----15:00-21:00(▲土曜日午後:14:30-18:00 △日曜午前:10:00-14:00)
休診日:祝日

新着記事一覧

  • 院長ブログ
  • 歯科医師ブログ
  • スタッフブログ
  • 豆知識ブログ

お問合せ・ご予約はこちら

ご相談をご希望の方は、下記の電話番号までお電話いただき初診のご予約をいただくか、 下記の「無料相談メールフォーム」に相談内容をご記入の上、送信ボタンを押して下さい。 電話やメールではお答えするのが難しい場合には、初診のご予約をお願いする場合があります。 また、初診はすべて保険内での診察となります。

お電話

  • お問合せはこちら044-280-3918
  • 土曜日も診療しています。
  • 駐車場完備

メールフォームでのご相談

ご予約前のご質問や疑問に
メールでお応えします

※電話での無料お悩み相談は承っておりません。
診療中にお受けしてしまうと、他の患者様にご迷惑をお掛けしてしまいますので、ご理解の程お願い申し上げます。

ページトップへ