ドクターブログ

歯の麻酔について

こんにちは(^▽^)古河です。

ドクターのブログがお引越しということで、

こちらの場所には初投稿となります☆

今回は、歯の麻酔注射についてお書きします。

麻酔といえば…、

①削る時に痛い思いをするのが嫌なので初めから麻酔を希望する派、

②麻酔が嫌いなので、できる限り控えたい派

に分かれますね。

 

では、麻酔ってどのように痛みを除くのでしょう?

一説によると、麻酔の薬は、神経の細胞を覆っている神経細胞膜にあるナトリウムのチャネルに作用します。

「痛い」時、つまり、神経細胞が興奮した時に、沢山のナトリウムイオンがナトリウムチャネルを通って細胞の中に入るのですが、

麻酔薬がナトリウムチャネルにくると、それを邪魔して、細胞の中にナトリウムイオンが入らなくなります。

そうすると「痛い」っていうサインが他の細胞に伝わらなくなります。これが、麻酔をすると痺れて痛くなくなるメカニズムです。

しかし、そのメカニズムは、あくまで一説であり、未だ解明されていない部分があります。

麻酔薬がない時代は氷で冷やすことで感覚を減らしていたとのことです!

麻酔って奥深いですね。

パール歯科医院では、麻酔の針が痛くないように直前に塗るゼリー状の表面麻酔や、細い針も用意し、無痛治療を心掛けております。どうぞご安心下さいませ。

お問合せ・ご予約はこちら

ご相談をご希望の方は、下記の電話番号までお電話いただき初診のご予約をいただくか、 下記の「無料相談メールフォーム」に相談内容をご記入の上、送信ボタンを押して下さい。 電話やメールではお答えするのが難しい場合には、初診のご予約をお願いする場合があります。 また、初診はすべて保険内での診察となります。

お電話

  • お問合せはこちら044-280-3918
  • 土曜日も診療しています。
  • 駐車場完備

メールフォームでのご相談

ご予約前のご質問や疑問に
メールでお応えします

※電話での無料お悩み相談は承っておりません。
診療中にお受けしてしまうと、他の患者様にご迷惑をお掛けしてしまいますので、ご理解の程お願い申し上げます。

ページトップへ