ドクターブログ

歯・雑談

歯周病

以前にもお話したと思いますが再度書きます。

日本では一般的に、歯を失ういちばんの原因は虫歯だと思いがちです。

しかし、現実は違うのです。

歯を抜くいちばんの原因は歯周病で、その割合は約42%。それに虫歯が約32%と続きます。

厚生労働省によると、40才で歯周病を患っている人は、85%にものぼるそうです。

「虫歯がないから、私は歯が丈夫」と過信する人がいますが、実は歯周病で一気に歯を失うケースもあります。

口の中には300~700種類の常在菌が存在しています。

そして虫歯菌と歯周病菌はまったく違う種類の菌がひきおこします。

虫歯菌は、歯の見えている部分につきます。

一方、歯周病菌は嫌気性菌といって、酸素が届かないところを好み、歯と歯茎の隙間(歯周ポケット)や舌の上で繁殖します。

歯周病とはどのような病気でしょうか。

細菌の集合体であるバイオフィルムが歯肉の炎症を引き起こし、歯周ポケットを形成します。

炎症が進むと、歯を支える骨が減って歯を支えられなくなり、ついには歯が抜けてしまうのです。

また、歯周病の進行は症状が出ては停滞するを繰り返しながら進行するため、知らない間に進んでいることが多くのです。

さらに歯周病は歯の病気だけではなく、全身疾患と言えます。

歯周病菌が動脈硬化を起こしている血管に入り込むと、血管を狭める作用が増すため、心筋梗塞を引き起こします。

そのほか妊娠中の場合は、低体重児や早産の要因になるともいわれています。

また、歯周病は糖尿病の第6の合併症ともいわれています。

歯周病がひどくなると、糖尿病が悪化します。

反対に、歯周病を治療すると、糖尿病が改善されるという報告もあります。

このほか、歯周病菌は、さまざまな全身疾患のリスクを高めることもわかっています。

歯周病は怖い病気ですがしっかりケアーすることが出きれは怖くありません。

健康な歯周組織を取り戻しましょう。

西山でした。

川崎市 川崎区 大田区で歯医者・歯科医院をお探しの方はパール歯科医院にご相談ください。

インプラント・入れ歯・親知らず治療・虫歯治療・歯周病治療・矯正歯科・小児矯正歯科・審美歯科・予防歯科などの治療に対応しております。 マイクロスコープ、歯科用CTレントゲンを完備しておりますので、より精密な治療が可能です。

〒210-0822 神奈川県川崎市川崎区田町2丁目13−1
tel:044-280-3918
診療時間:
午前-----9:00-13:00
午後-----15:00-21:00(▲土曜日午後:14:30-18:00 △日曜午前:10:00-14:00)
休診日:祝日

新着記事一覧

  • 院長ブログ
  • 歯科医師ブログ
  • スタッフブログ
  • 豆知識ブログ

お問合せ・ご予約はこちら

ご相談をご希望の方は、下記の電話番号までお電話いただき初診のご予約をいただくか、 下記の「無料相談メールフォーム」に相談内容をご記入の上、送信ボタンを押して下さい。 電話やメールではお答えするのが難しい場合には、初診のご予約をお願いする場合があります。 また、初診はすべて保険内での診察となります。

お電話

  • お問合せはこちら044-280-3918
  • 土曜日も診療しています。
  • 駐車場完備

メールフォームでのご相談

ご予約前のご質問や疑問に
メールでお応えします

※電話での無料お悩み相談は承っておりません。
診療中にお受けしてしまうと、他の患者様にご迷惑をお掛けしてしまいますので、ご理解の程お願い申し上げます。

ページトップへ