ドクターブログ

歯科医師雑記

こんばんは、西山です。

歯科医院で大きなレントゲンを撮った事がありますか。
これもかなり前の事です。
虫歯の治療におみえになった方のレントゲン写真を撮りました。
数カ所の虫歯と歯周病の進行状態の診断の為に全体を映しました。
下顎の骨の中に大きな空洞が空いています。
すぐに考えつくのがエナメル上皮腫。
良性腫瘍で、自覚症状はありません。
大きくなると神経を圧迫して麻痺が出たり、骨折の恐れがあります。
時には悪性化する事もあるそうです。
感染を起こすと激痛を起こしたり、腫れ膿が出ます。
このような症状が出て発見される事が多いようです。
私が遭遇した方は口腔外科で摘出手術を受けました。
確定診断をおこなったところやはりエナメル上皮種でした。
レントゲン撮影で発見できる病気は多くはありません。
しかし、もし発見が早ければ大事に至らない事もあります。
レントゲンの体に体する影響を考えて撮影を望まない方もおられると思います。
当医院ではレントゲン撮影をデジタル化して照射時間の短縮しました。
より安全に情報を得られるようにしております。

お問合せ・ご予約はこちら

ご相談をご希望の方は、下記の電話番号までお電話いただき初診のご予約をいただくか、 下記の「無料相談メールフォーム」に相談内容をご記入の上、送信ボタンを押して下さい。 電話やメールではお答えするのが難しい場合には、初診のご予約をお願いする場合があります。 また、初診はすべて保険内での診察となります。

お電話

  • お問合せはこちら044-280-3918
  • 土曜日も診療しています。
  • 駐車場完備

メールフォームでのご相談

ご予約前のご質問や疑問に
メールでお応えします

※電話での無料お悩み相談は承っておりません。
診療中にお受けしてしまうと、他の患者様にご迷惑をお掛けしてしまいますので、ご理解の程お願い申し上げます。

ページトップへ