ドクターブログ

歯科医師雑記

こんにちは、西山です。

ある日患者様から、舌の下が急に脹れてきましたとのお電話がありました。
とりあえず見せてください場合によっては口腔外科に行っていただくかもしれませんと伝えお越しいただきました。
舌の下が脹れていおり唾液が溜まって出来る停滞嚢胞と思われました。早速口腔外科に行っていただきました。
やはり、停滞嚢胞・ガマ腫でした。
またある日、患者様が耳から顎にかけて痛いと来院されました。
歯や口の中には異常はありません。
痛みが出るのは食事をする時ではありませんかとお尋ねすると、そうなんです食べようとすると痛いのですとのことでした。
唾液腺内の結石が疑われました。口腔外科で検査していただくとやはり結石がありました。唾液が出来たのに出口を塞がれ痛みが出ていたのです。
ときどき口唇の内側に水ぶくれが出来たとお越しになるかたがあります。
唾液腺がつまり出来た唾液が出れずに脹れたものと思われる事があります。
皆さま唾液がどこで作られるかご存知ですか?
耳下腺、顎下腺、舌下腺と呼ばれる大唾液腺と口腔粘膜全体にある小唾液腺で作られます。
お口の環境を整え、虫歯を防ぎ、食物の消化を助け、病気を防ぐ、唾液はとても大切なものです。よく噛んで唾液を沢山出すことは大切な事です。
今回は唾液腺の病気をご紹介しました。

お問合せ・ご予約はこちら

ご相談をご希望の方は、下記の電話番号までお電話いただき初診のご予約をいただくか、 下記の「無料相談メールフォーム」に相談内容をご記入の上、送信ボタンを押して下さい。 電話やメールではお答えするのが難しい場合には、初診のご予約をお願いする場合があります。 また、初診はすべて保険内での診察となります。

お電話

  • お問合せはこちら044-280-3918
  • 土曜日も診療しています。
  • 駐車場完備

メールフォームでのご相談

ご予約前のご質問や疑問に
メールでお応えします

※電話での無料お悩み相談は承っておりません。
診療中にお受けしてしまうと、他の患者様にご迷惑をお掛けしてしまいますので、ご理解の程お願い申し上げます。

ページトップへ