ドクターブログ

歯雑談

こんにちは。

第二水曜日の西山です。

前回斉藤先生が動物の歯のお話を書いてくださいました。

私は子どもの頃、シマリスを飼っていました。

ひまわりの種を手に持って歯を使って器用にカリカリと皮を剥いて中身を食べていたのを思い出しました。

動物の歯の話に引き続き「サメの歯」のお話です。

「サメの歯」がドンドンはえかわるってご存知ですか?

サメの口には鋭い歯が並んでいるものが沢山並んでいます。

そして歯は何列にも並び、いま使われている歯列のすぐ後ろには新しい歯列が用意されています。

獲物を襲うなどして歯が1本でも欠けると、新しい歯列が古い歯列を押し出して、歯列ごと新しいものと交換されます。

歯列は何回でも生え変わり、1尾のサメが生涯に使う歯の数は最大で数千にのぼると考えられているそうです。

サメの歯が抜けやすい原因の一つは、人間の歯と違い、歯を支えている歯槽骨や歯根膜がないことです。

サメの進化の過程で、皮膚(ウロコ)の一部が発達してできたからと考えられています。

人間には乳歯と永久歯があり一度だけはえかわります。

永久歯の代わりはありませんのでお手入れを忘れずに大切に使いましょう。

お問合せ・ご予約はこちら

ご相談をご希望の方は、下記の電話番号までお電話いただき初診のご予約をいただくか、 下記の「無料相談メールフォーム」に相談内容をご記入の上、送信ボタンを押して下さい。 電話やメールではお答えするのが難しい場合には、初診のご予約をお願いする場合があります。 また、初診はすべて保険内での診察となります。

お電話

  • お問合せはこちら044-280-3918
  • 土曜日も診療しています。
  • 駐車場完備

メールフォームでのご相談

ご予約前のご質問や疑問に
メールでお応えします

※電話での無料お悩み相談は承っておりません。
診療中にお受けしてしまうと、他の患者様にご迷惑をお掛けしてしまいますので、ご理解の程お願い申し上げます。

ページトップへ