ドクターブログ

肩こり

患者さんからよく伺うことの一つに

「肩こりが酷くて、歯まで痛くなってきた・・・」
「歯を治したら肩こりが消えた!」
というのがあります。
肩と歯はどのような関係があるのでしょうか?
まず、肩こりの原因についてですが、
症状によって原因は違いますし、
個人の環境や生活習慣にも影響されるため、
コレが原因だ!
というのは一概に言えません。
しかし、頭の重みが原因となる事が多いようです。
人間は二足歩行をするために、
もともと首や腰に負担がかかりやすい体をしています。
首から肩にかけての筋肉が姿勢を保つために緊張し、
血行が悪くなって、重く感じるのが肩こりです。
人間の頭は約5キロもあります。
スーパーなどに売られているお米の袋を
肩に乗せているようなモノです。
一日中そんな重いものを載せていたら
肩の筋肉だって悲鳴を挙げるのは当然でしょう。
そして、歯との関係ですが、
この頭を前傾姿勢にした際、
首と下あごは咀嚼(そしゃく)筋などの様々な筋肉で繋げられているので、
筋肉の作用で、下あごは首の方向へ、つまり後ろ向きへ引かれます。
要するに、首を前に傾けると、下あごは極わずかに後ろにズレるのです。
実際にやってみると、何となく理解頂けるかと思います。
すると下あごに生えている下の歯も
一緒に後ろにずれますので、
肩こりで筋肉が異様に緊張した状態でかみ合わせると、
上の歯とのかみ合わせに変化が出てしまいます。
口の中にある神経はとても敏感なので、
少しの変化でも反応し、異常と判断して、
痛みや浮いたような感じが出てくる事があります。
慢性的に肩がこっているからといって、
それが原因で歯の痛みが出ることは少ないですが、
あまり肩こりのない方に肩こりが出てしまった時や、
肩こり持ちの方でも、いつもより肩こりがひどい時などは
歯のトラブルが出やすくなります。
治療としては、
まず、肩こりを治す!
申し上げた通り、肩こりはかみ合わせに影響します。
体に負担のない、正しい位置でかみ合わせ出来るように
肩・首周り・顔の筋肉をほぐして
緊張を解いてやる事が大切です。
もうひとつはかみ合わせを正しい位置に戻す!
不自然な噛み合わせにより、
あごの周りの筋肉が異常に緊張します。
やがてその筋肉が硬くなり血行が悪くなって、
肩こりに・・・
高さの合っていない被せ物や歯を削ったりすることで、
調整していきます。
このように
歯と肩こりは密接に関係しています。
一方が、もう一方を悪くする原因になることもあれば、
その原因を取り除く事でもう一方が驚く程回復することもあります。
医院へいらした際の問診で、
気になること、思い当たる節があれば、
一言、お声がけ下さい。
吉村でした!

お問合せ・ご予約はこちら

ご相談をご希望の方は、下記の電話番号までお電話いただき初診のご予約をいただくか、 下記の「無料相談メールフォーム」に相談内容をご記入の上、送信ボタンを押して下さい。 電話やメールではお答えするのが難しい場合には、初診のご予約をお願いする場合があります。 また、初診はすべて保険内での診察となります。

お電話

  • お問合せはこちら044-280-3918
  • 土曜日も診療しています。
  • 駐車場完備

メールフォームでのご相談

ご予約前のご質問や疑問に
メールでお応えします

※電話での無料お悩み相談は承っておりません。
診療中にお受けしてしまうと、他の患者様にご迷惑をお掛けしてしまいますので、ご理解の程お願い申し上げます。

ページトップへ