ドクターブログ

虫歯のでき方

こんにちは。宮木です。

しばらくブログへの投稿をせずに過ごしてしまいました。

前回の記事では虫歯について書きました。虫歯菌の作る酸が歯を溶かすことが「虫歯」だということでした。

今日はその続き・・なぜ虫歯菌が作る酸は歯に穴を開け、酸っぱい食品は歯にダメージを与えないのか?今回は考えてみたいと思います。

甘酸っぱい果物やヨーグルトは体に良さそうです。酸っぱいから当然酸を含んでいますよね。でも果物やヨーグルトをよく食べる人の歯が虫歯のように溶けたという話はあまり聞きません。

(酸っぱい食品も摂りすぎると歯を溶かしてしまうことはお断りしておきます)

いったい虫歯菌が作る酸とこれらの食品の酸は何が違うのでしょうか。

この疑問を会話形式で考えてみたいと思います。(本当にあった会話です)

 

A:ねえねね、実は、虫歯菌が作る酸もヨーグルトが作る酸も同じって知ってた?

B:酸が同じ?知らない。

A:同じ乳酸だよ。

B:同じ乳酸??じゃあ、ヨーグルトで歯が溶けるじゃないか!

A:うん。溶けるよ。ほんの少しだけど。

B:まじ!じゃあヨーグルトは歯によくないの?

A:いや、カルシウム一杯だから普通に食べてたら歯にいいんじゃないの。

B:だけど歯が溶けるんだろ?

A:溶けるけど、すぐもとに戻る。

B:何それ、何で戻るの?

A:唾液は酸を中和する働きをする。それに溶かされた歯を修復する役割もあるからさ。

B:へえ、唾液ってすごいね。でもさ、じゃあ何で虫歯菌の乳酸は中和できないの?

虫歯菌が溶かした歯も唾液が修復してくれないの??

A:いい質問だね。

虫歯菌は砂糖からネバネバの物質を作って歯にくっつく。ネバネバはなかなか歯から剥がれない。このネバネバの中で虫歯菌は酸を作り、歯を溶かす。唾液もネバネバの中に入れないから、酸を中和することもできないし、溶けた歯を修復することもできないのさ。

B:じゃあ、ネバネバがない歯では虫歯菌の酸も中和されてしまうの?

A:そうそう。虫歯菌も洗い流されてしまう。溶けた歯も修復される。歯磨きが大事。

B:じゃあ果物やヨーグルトの酸は歯にくっつかないから心配いらないね。

A:そう思う。でも食べるタイミングは大事だよ。

B:また訳がわからない。何それ?

A:酸っぱいものを食べた後、少し溶けた歯が唾液によって修復される。修復には一定の時間がかかる。だから酸っぱいものをいつもだらだら食べていると修復する時間がなくなってしまう。そうすると歯が溶けていってしまうことになる。

B:じゃあ一度食べたら、しばらく食べない時間が欲しいということ?

A:そうそう。だらだら食いはよくない。甘いものも同じだよ。虫歯菌が酸をつくる素になる砂糖をいつもだらだら食べているとどんどん歯が溶けていってしまう。

B:健康な歯のためには、体によい食品でもだらだら食いはよくないんだね。

A:そのとおり!

おしまい。

川崎市 川崎区 大田区で歯医者・歯科医院をお探しの方はパール歯科医院にご相談ください。

インプラント・入れ歯・親知らず治療・虫歯治療・歯周病治療・矯正歯科・小児矯正歯科・審美歯科・予防歯科などの治療に対応しております。 マイクロスコープ、歯科用CTレントゲンを完備しておりますので、より精密な治療が可能です。

〒210-0822 神奈川県川崎市川崎区田町2丁目13−1
tel:044-280-3918
診療時間:
午前-----9:00-13:00
午後-----15:00-21:00(▲土曜日午後:14:30-18:00 △日曜午前:10:00-14:00)
休診日:祝日

新着記事一覧

  • 院長ブログ
  • 歯科医師ブログ
  • スタッフブログ
  • 豆知識ブログ

お問合せ・ご予約はこちら

ご相談をご希望の方は、下記の電話番号までお電話いただき初診のご予約をいただくか、 下記の「無料相談メールフォーム」に相談内容をご記入の上、送信ボタンを押して下さい。 電話やメールではお答えするのが難しい場合には、初診のご予約をお願いする場合があります。 また、初診はすべて保険内での診察となります。

お電話

  • お問合せはこちら044-280-3918
  • 土曜日も診療しています。
  • 駐車場完備

メールフォームでのご相談

ご予約前のご質問や疑問に
メールでお応えします

※電話での無料お悩み相談は承っておりません。
診療中にお受けしてしまうと、他の患者様にご迷惑をお掛けしてしまいますので、ご理解の程お願い申し上げます。

ページトップへ