ドクターブログ

金属アレルギー

「金属アレルギー」。

多くは女性に発症すると言われていますが、
昨今、男性もシルバー等のアクセサリーを身に着けたりする機会が増え、
男女問わず、悩まれる方が多い疾患のひとつとなっています。
実際は、アクセサリーなどにかぶれても付け続けていたり、
軽く考えて気にとめない人がほとんどです。
でも、放っておくとアレルギーが深刻化し、
生活に支障をきたすようになることもあります。
また、食べ物に含まれる金属成分や、虫歯治療の金属なども、
全身のあちこちで金属アレルギーを起こし、
皮膚のトラブルを招くことがあります。
金属アレルギーとは、
繰り返し同じ金属を使用しているうちに
溶け出した金属の小さなイオンが体内に入りこみ、
免疫のはたらきでそのイオンが敵だと記憶され、
次に同じ金属に触れたときにアレルギー反応を起こしてしまう。
また一度なってしまうと一生続くため、なかなか厄介なもの。
アレルギーをおこすと言われている、主な金属は、
アルミニウム、コバルト、スズ、鉄、白金(プラチナ)、
パラジウム、マンガン、インジウム、イリジウム、銀、
カリウム、クロム、ニッケル、亜鉛、銅、水銀
などです。
中でもアレルギーを引き起こしやすいといわれているのが、
ニッケル・コバルト・クロム・パラジウム・水銀
の5種類。
これらは所謂、銀歯等に使われていたり、歯科治療の様々な場面で使う事があります。
ある女性は、歯の治療を受ける度に、湿疹がひどくなるということに気付き、
歯科金属を全て取り除いたところ、湿疹が良くなりました。
歯科金属のアレルギーは、治療の前に、口の中の金属の状態を調べたり、
どのような金属成分が含まれているかを分析したりします。
その上で代わりの材料に何を使うべきか、入れ替えるべきか、など相談にのります。
アレルギーを起こしにくい、チタンやセラミックスなどの材料を使う場合、
保険が適用されないため治療費が高額になります。
その点でも、十分な治療方法の確認が必要です。
また歯科金属アレルギーの予防としては、
日頃から口の中を清潔に保つこと、
酸っぱい物を食べてそのまま寝ないことなどが大切です。
あれ?と思ったり、気になる事がおありでしたら、
いつでもご相談下さい。
吉村でした。

お問合せ・ご予約はこちら

ご相談をご希望の方は、下記の電話番号までお電話いただき初診のご予約をいただくか、 下記の「無料相談メールフォーム」に相談内容をご記入の上、送信ボタンを押して下さい。 電話やメールではお答えするのが難しい場合には、初診のご予約をお願いする場合があります。 また、初診はすべて保険内での診察となります。

お電話

  • お問合せはこちら044-280-3918
  • 土曜日も診療しています。
  • 駐車場完備

メールフォームでのご相談

ご予約前のご質問や疑問に
メールでお応えします

※電話での無料お悩み相談は承っておりません。
診療中にお受けしてしまうと、他の患者様にご迷惑をお掛けしてしまいますので、ご理解の程お願い申し上げます。

ページトップへ