ドクターブログ

風邪を引いたら抗生物質??

こんにちは。宮木です。

みなさんは風邪を引いたら薬を飲みますか?絶対に薬は嫌という方、いらっしゃいますね。

でも中には風邪を引いたら抗生剤を出してもらうという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

抗生物質にも色々な種類がありますが、普通に病院で言う抗生物質は細菌を殺すのに用いられ、ウイルスには効きません。だからウイルス性の風邪には抗生剤は無効です。但し、ウイルス性の風邪を引いて喉に炎症を起こし、弱くなってしまった喉の組織に細菌が着くと高熱が出たりするので、その予防のためにウイルス性の風邪でも抗生剤が処方されることがあります。でもこれは医師の判断によるもの。「私は風邪を引いら抗生剤を飲むの。だから頂戴!」という考え方は危険です。

抗生剤は歯科領域でもしばしば処方されます。抜歯の後の細菌感染防止や、歯周病による腫れなどを抑えるために用います。抗生物質が無い時代は歯周病で腫れたら切って膿を出すか、治るまで待つしかなかったのでしょうね。有難い時代です。しかし、歯科領域でも、風邪のときと同じように安易に抗生剤を使うのは危険です。

細菌を殺す薬なら抗生剤をどんどん使えばいいじゃないか、と考えるのは当然だと思います。以前は専門家もそのように考え、炎症があれば抗生物質、傷口に細菌が着かないように抗生物質、とりあえず抗生物質を処方しておこうと大量の抗生剤が投与されました。その結果、抗生物質に耐性を持つ細菌が増えてしまい、現在ではこの耐性細菌の対策が重要な課題になっています。

抗生剤はしっかり効かすのが鉄則です。細菌を殺すなら徹底的に殺す!少しの量で止めてしまうと抗生剤に弱い細菌は死に絶えますが、強い細菌が生き残ります。これを繰り返すとどんどん強い細菌が残り、最後には全くその抗生剤が効かない細菌が現れてしまいます。最近では多くのタイプの抗生剤が効かない多剤耐性細菌が出現し、問題になっています。

同じタイプの抗生剤をいつまでも飲み続けるのも耐性細菌を増やす原因になります。どのタイミングでどれだけの量の抗生剤を処方するかは医師、歯科医師がそれぞれの患者様の状態を考えて判断します。処方された抗生剤は途中で止めたりせず、必ず飲んで下さいね。また、昔効いた抗生剤だから、また同じものを出して欲しいというリクエストも、理に適っていたらそれに応えますが、間違っていたらお断りしますのでご理解下さい。

もし以前飲んだ抗生剤が体に合わないことがあったら、大変重要な情報ですから是非教えて下さい。ご協力お願い致します。

川崎市 川崎区 大田区で歯医者・歯科医院をお探しの方はパール歯科医院にご相談ください。

インプラント・入れ歯・親知らず治療・虫歯治療・歯周病治療・矯正歯科・小児矯正歯科・審美歯科・予防歯科などの治療に対応しております。 マイクロスコープ、歯科用CTレントゲンを完備しておりますので、より精密な治療が可能です。

〒210-0822 神奈川県川崎市川崎区田町2丁目13−1
tel:044-280-3918
診療時間:
午前-----9:00-13:00
午後-----15:00-21:00(▲土曜日午後:14:30-18:00 △日曜午前:10:00-14:00)
休診日:祝日

新着記事一覧

  • 院長ブログ
  • 歯科医師ブログ
  • スタッフブログ
  • 豆知識ブログ

お問合せ・ご予約はこちら

ご相談をご希望の方は、下記の電話番号までお電話いただき初診のご予約をいただくか、 下記の「無料相談メールフォーム」に相談内容をご記入の上、送信ボタンを押して下さい。 電話やメールではお答えするのが難しい場合には、初診のご予約をお願いする場合があります。 また、初診はすべて保険内での診察となります。

お電話

  • お問合せはこちら044-280-3918
  • 土曜日も診療しています。
  • 駐車場完備

メールフォームでのご相談

ご予約前のご質問や疑問に
メールでお応えします

※電話での無料お悩み相談は承っておりません。
診療中にお受けしてしまうと、他の患者様にご迷惑をお掛けしてしまいますので、ご理解の程お願い申し上げます。

ページトップへ