歯の豆知識ブログ

インプラント…①その歴史

歯の豆知識

 

インプラント…①その歴史

 

 

川崎市小島新田駅前のパール歯科医院 院長の藤田陽一です。

 

 

ここ数年「インプラント」という言葉が一般的になってきました。

特に、歯科医院の広告でよく目にするようになったので、歯科治療の一部だということはご理解いただけていると思います。そのインプラント治療の実態は、まだまだ理解されている人は少ないのではないのでしょうか?また今後インプラント治療を行う予定の患者様には、インプラントについての知識の不足で、不安に思われていらっしゃる方も少なくないと思われます。

今回は世の中でひろまりつつあるインプラントについて何回かに分けてご説明させていただきます。

ですので、インプラントのことについて知りたい方は、当ブログ豆知識を次週も引き続きご覧になってみてください。

 

第一部の今回は「インプラント…その歴史」ついてです。

 

そもそも、インプラントって何?

 

インプラントとは身体に埋め込まれる器具の総称で、医療目的で医科の世界でも広く使われています。

歯科においては、歯を失ったアゴの骨に体になじみやすい素材でできた人工の歯根を埋め込む治療です。

正式には、歯の代用として使うインプラントをデンタルインプラントと呼びます。

このインプラント治療、一体いつごろから始まったのでしょうか?

インプラントの歴史は古く、記録では紀元前3世紀頃のローマ時代と言われています。その時代の人骨が発見された際、人骨の上アゴに鉄製のインプラントが埋まっていました。あるいは、中南米で紀元7世紀ころの人骨の下アゴに貝で作られたインプラントが発見されたりしました。

このようにインプラントの歴史はとても古いものといえるでしょう。しかしそれは治療とは言えず、あくまでも、応急処置の一環だったように思えます。

実際に治療の一環としてインプラントが導入されたのは1900年台初頭になります。グリーンフィールドが円筒形のインプラントを開発。ただ、このときは貴金属を材料としたため、予後が著しく悪く、うまくインプラントを口腔内で機能させることはできませんでした。

そして、1952年にある大発見がありました。

スウェーデンのルンド大学で研究を行っていたペル・イングヴァール・ブローネマルク教授がチタンと骨が結合する事=オッセオインテグレーションを見出したのです。

「生きている骨と金属が結合して、歯の代用になる」ということは当時一大センセーションでしたが、ブローネマルク教授は歯科医師ではなかったため、相当な批判も浴びたようでした。

1965年にはチタン製でネジのような形のスクリュータイプインプラントを用いた症例を報告。世界旋風を巻き起こしたのです。その後、優れた長期のインプラント臨床成績が発表され、世界中で承認、使用されるようになりました。

日本では1983年からインプラント治療が開始されています。

このようにインプラント治療としての歴史は約70年近くになり、そのインプラントの材質や治療の方法もより良い新しいもの変化し、以前に比べると、より皆様のみじかになった治療法だと思います。

ご興味のある方は、是非ともかかりつけの歯科医院で相談されてみてはいかがでしょうか?

 

次回の豆知識ではインプラントついてさらに掘り下げてご説明させていただきます。

お問合せ・ご予約はこちら

ご相談をご希望の方は、下記の電話番号までお電話いただき初診のご予約をいただくか、 下記の「無料相談メールフォーム」に相談内容をご記入の上、送信ボタンを押して下さい。 電話やメールではお答えするのが難しい場合には、初診のご予約をお願いする場合があります。 また、初診はすべて保険内での診察となります。

お電話

  • お問合せはこちら044-280-3918
  • 土曜日も診療しています。
  • 駐車場完備

メールフォームでのご相談

ご予約前のご質問や疑問に
メールでお応えします

※電話での無料お悩み相談は承っておりません。
診療中にお受けしてしまうと、他の患者様にご迷惑をお掛けしてしまいますので、ご理解の程お願い申し上げます。

ページトップへ