歯の豆知識ブログ

インプラント…③治療の流れについて

 

 

インプラント…③治療の流れについて

 

 

川崎市川崎区小島新田駅前のパール歯科医院 院長の藤田陽一です。

 

今回はインプラント治療の流れについてご説明いたします。

 

皆さんのインプラント治療のイメージはどのようなものでしょうか?

 

インプラント治療とは、永久歯を失ってしまった後、その歯の無い所に人工の歯を入れる方法で、再び咀嚼機能や審美性を回復する治療方法です。歯肉の内部にあるアゴの骨に人工歯根を埋め込み、その上に人工の歯を取り付ける治療方法です。インプラント治療は現在、より自然の歯に近い状態に、歯のないところに戻すという最先端の歯科治療です。

また、インプラントの治療はいきなり手術を行うことはまずありません。

患者様と十分にカウンセリングを行い、安全にインプラントをアゴの骨に埋め込む準備をします。CT画像や歯周病の検査あるいはお口の中の咬み合わせを見るためにお口の模型を製作したりします。また、インプラント治療をするにあたっての骨量や骨の強度が足りているか確認します。足りない場合には、インプラントを埋め込む前に骨の量を増やす造骨手術なども必要となる場合があります。

一般的な歯科治療とは異なり、インプラント治療には手術が必要になります。そのため、きちんとした検査や口の中のクリーニングなどを行い、インプラント手術の安全性を高めるための手順を踏んでから、手術を行います。また、インプラント治療には、1回法と2回法の二種類があり、その違いは歯肉を切開する手術を1回行うか、2回行うかという点です。アバットメント(支台部分)を1次手術で取り付けるものが1回法で、2次手術で取り付けるものが2回法です。1回法インプラント手術(手術を一回だけ行う方法)の場合、二次手術はありません。1回法手術では、インプラントを完全に埋め込むのではなく、インプラントの一部をアゴの骨の外に出した状態にしておき、インプラントが骨と結合してから人工の歯を取り付ける流れとなります。2回法の方が、インプラントと骨がくっつくのが確実ですし、2次手術といっても簡単に終わる手術なので今は、2回法が主流になっています。

そして傷口が治った後に、型取りを行います。

型取りが終わり、上部構造(人工の歯)が完成したら装着し、治療は終了となります。

 

その簡単な流れは

①カウンセリング

②精密な検査

③インプラント一次手術

④インプラント二次手術

⑤型取り

⑥歯の装着

上記がインプラント治療の一通りの流れですが、実は⑥の後にインプラント治療を行ったうえで欠かせないものがあります。

 

それは….

⑦メインテナンス

インプラントの治療後は、「歯が入ったから終わり」というものではありません。長期にわたって良好な予後を保つために、適切な口腔清掃は非常に重要です。

メインテナンスは術後の何らかのトラブルを防ぎ、インプラントを長持ちさせると言われています。定期的にメインテナンスを行うことで、インプラント治療をした部分ばかりではなく、お口の中、全体を健康に末永く保つことができるのです。

 

今回はインプラント治療の流れを簡単にご説明いたしました。

次回もまたインプラントについて投稿させていただきます。

インプラントについてご不明な点、あるいはご興味ある場合は是非、当院にご相談ください。

お問合せ・ご予約はこちら

ご相談をご希望の方は、下記の電話番号までお電話いただき初診のご予約をいただくか、 下記の「無料相談メールフォーム」に相談内容をご記入の上、送信ボタンを押して下さい。 電話やメールではお答えするのが難しい場合には、初診のご予約をお願いする場合があります。 また、初診はすべて保険内での診察となります。

お電話

  • お問合せはこちら044-280-3918
  • 土曜日も診療しています。
  • 駐車場完備

メールフォームでのご相談

ご予約前のご質問や疑問に
メールでお応えします

※電話での無料お悩み相談は承っておりません。
診療中にお受けしてしまうと、他の患者様にご迷惑をお掛けしてしまいますので、ご理解の程お願い申し上げます。

ページトップへ