歯の豆知識ブログ

インプラント…④その安全性

歯の豆知識

 

インプラント…④その安全性

 

川崎市川崎区小島新田駅 駅前のパール歯科医院 院長の藤田陽一です。

 

数回に渡り、豆知識でご説明させていただいているインプラント。

その安全性について、少なからず不安や疑問を抱えている方は多いのではないでしょうか。

そこで今回は、インプラントのリスク安全性の向上などについてご説明させていただきます。

 

インプラント治療は、あごの骨に人工歯根という異物を埋め込む手術です。

その手術を安全に進めるためには手術中の清潔な環境が重要な要素となり、手術自体は歯を抜く時と同様の局部麻酔が使われます。ですから手術中に痛みを感じることはほぼありません。個人差はありますが、手術後の痛みも術後数日で落ち着いてきます。入院の必要も無く、翌日から通常の生活をしていただけます。また手術に恐怖心がある方には、静脈内鎮静法という、浅い全身麻酔をすることもあります。この際には麻酔の専門医が立ち会います。

しかし、やはり手術ですから、当然100%成功するとは断言できません

インプラントの手術は、場合によって何らかのリスクを伴う場合もあります。

 

近年、インプラント手術を行う場合、ほとんどの歯科医師はインプラントを埋入する本数や、手術の難易度にかかわらず歯科用CT撮影を行い、インプラントを埋入する場所に正確で精密な診断や、術前のシミュレーションが可能となり、インプラント手術後合併症のリスクを軽減することができるようになりました。同じく事前にインプラントを埋める穴を掘るドリルの深度や方向性を事前に決定してぶれないような、サージカルガイドが広く普及して安全性が著しく向上しました。

また、インプラントの材料であるチタンは高い安全性が認められていますが、まれにアレルギー反応が出る方もいます。アレルギーに不安がある方は、前もってアレルギーテストを受けていただく場合もあります。

 

またインプラント治療をするにあたり、

 

1.重度糖尿病や心臓疾患など、重度の内科的疾患をお持ちの方

2.妊娠中の方

3.治療に対して協力的でない方

4.骨の成長が終わっていない方(20歳未満)

 

上記にあてはまる方はインプラント手術がうけられない場合もあります。

 

 

インプラント治療を成功させるためには、信頼できる歯科医師を選ぶことが重要です。

患者様それぞれに合った治療計画を立て、治療のメリットやデメリットについて患者様が納得するまでしっかり説明してくれること、そして問診や事前検査を綿密に丁寧に行ってくれるかどうかを、確認してください。

インプラント治療後もきちんとケアを行う必要があります。そうしないと

インプラントの脱落などを招くインプラント周囲炎を発症することもあるのです。

治療後もケアをしっかり行うことが、インプラント治療を成功させるうえで大切になってくるのです。

お問合せ・ご予約はこちら

ご相談をご希望の方は、下記の電話番号までお電話いただき初診のご予約をいただくか、 下記の「無料相談メールフォーム」に相談内容をご記入の上、送信ボタンを押して下さい。 電話やメールではお答えするのが難しい場合には、初診のご予約をお願いする場合があります。 また、初診はすべて保険内での診察となります。

お電話

  • お問合せはこちら044-280-3918
  • 土曜日も診療しています。
  • 駐車場完備

メールフォームでのご相談

ご予約前のご質問や疑問に
メールでお応えします

※電話での無料お悩み相談は承っておりません。
診療中にお受けしてしまうと、他の患者様にご迷惑をお掛けしてしまいますので、ご理解の程お願い申し上げます。

ページトップへ