歯の豆知識ブログ

インプラント…⑧骨造成 GBR法

歯の豆知識

 

インプラント…⑧骨造成 GBR法

 

川崎市川崎区小島新田駅 駅前 パール歯科医院の院長 藤田陽一です。

 

インプラント治療を行うにあたり、非常に大事になってくる要件がいくつかあります。

その1つとして、インプラントを安全に植立するためには、顎の骨の状態がポイントになります。

歯が抜けた後の骨の状態は、抜いた原因にもよりますが、本来の顎の骨の状態から大きく形態を変えている事がよくあります。

そのような状態でインプラントを行うとどうしても成功率は低くなりがちになります。

適切な状態でインプラントを埋入することで、インプラントの長期的な安定や術後の問題が少なくなります。

 

歯を失ってものを噛む刺激が顎の骨に伝わらなくなっていくことで、骨は少しずつ吸収され、痩せていきます。歯を失ってから時間が過ぎれば過ぎるほど、骨の吸収の度合いは大きくなる傾向があります。そして、インプラントを埋め込むために必要な骨の量が足りなくなると、インプラントを埋め込んだときに貫通してしまうおそれがあります。 上記で述べた通り、安全にインプラントを埋め込むためには、埋め込む際に必要になる骨の高さや厚みを確保しなければなりません。このようなときに行なうのが『GBR法手術』(Guided Bone Regeneration=骨誘導再生)です。 これは、アゴの骨の再生を促す手術で、骨の厚みや高さを増やす必要があるときに適用されます。 そのGBR法のやり方を説明しますと、まず、埋め込んだインプラントの露出面に、骨補填材(骨の代わりとなる人工材料)を配置します。その上からメンブレンと呼ばれるコラーゲンでできた人工の膜で覆い、骨が再生するまで約4~6ヵ月ほど待ちます。インプラントと顎の骨がしっかりと結合したら、最終的に人工の歯を装着します。

このGBR法はインプラントを埋め込む前でも施術可能です。

GBR法を適用する場合メリットは

・従来の骨があったように骨を造ることで健康的な美しい歯茎の形態をつくることができる。

・しっかりとインプラントを支えることができる。

・歯磨きやその後の衛生管理がしやすくなる。

 

ではGBR法のデメリットとは?

・手術時間が長くなりやすい。

・骨の再生に限界がある。

・手術回数が増えることで治療終了までに時間がかかることがある。

また、GBR法を適用した場合、手術した部分を圧迫や負荷をかけないよう、日常生活にも配慮が必要になります。手術部位を圧迫するとその部分が貧血になりやすく、傷の治りが悪くなることがあり、

また、術後しばらくは違和感が残りますが、歯ブラシでつついたり、舌や指などで押したり刺激を与えたりしてはいけません。盛り足した骨はやわらかいため、触って刺激を与えてしまうと骨が変形することがあります。

骨造成は、非常に難易度の高い治療です。それにはメリット、デメリットなどもあり、骨造成の必要の有無は患者様によっても違います。骨造成により多少の時間や費用は加算されてしまうかもしれませんが、

インプラント治療における成功要件である、機能性、審美性、長期安定性など基本的な部分が確実になるのであれば、選択するべき治療方法だと思います。

川崎市 川崎区 大田区で歯医者・歯科医院をお探しの方はパール歯科医院にご相談ください。

インプラント・入れ歯・親知らず治療・虫歯治療・歯周病治療・矯正歯科・小児矯正歯科・審美歯科・予防歯科などの治療に対応しております。 マイクロスコープ、歯科用CTレントゲンを完備しておりますので、より精密な治療が可能です。

〒210-0822 神奈川県川崎市川崎区田町2丁目13−1
tel:044-280-3918
診療時間:
午前-----9:00-13:00
午後-----15:00-21:00(▲土曜日午後:14:30-18:00 △日曜午前:10:00-14:00)
休診日:祝日

新着記事一覧

  • 院長ブログ
  • 歯科医師ブログ
  • スタッフブログ
  • 豆知識ブログ

お問合せ・ご予約はこちら

ご相談をご希望の方は、下記の電話番号までお電話いただき初診のご予約をいただくか、 下記の「無料相談メールフォーム」に相談内容をご記入の上、送信ボタンを押して下さい。 電話やメールではお答えするのが難しい場合には、初診のご予約をお願いする場合があります。 また、初診はすべて保険内での診察となります。

お電話

  • お問合せはこちら044-280-3918
  • 土曜日も診療しています。
  • 駐車場完備

メールフォームでのご相談

ご予約前のご質問や疑問に
メールでお応えします

※電話での無料お悩み相談は承っておりません。
診療中にお受けしてしまうと、他の患者様にご迷惑をお掛けしてしまいますので、ご理解の程お願い申し上げます。

ページトップへ