歯の豆知識ブログ

インプラント…⑭その被せ物について

歯の豆知識

 

インプラント…⑭その被せ物について

 

川崎市川崎区小島新田駅 駅前のパール歯科医院 院長の藤田陽一です。

 

インプラントは、ボディー(歯根部)アバットメント(土台部)被せ物(上部構造、人工歯)の3つのパーツから成りたっています。インプラント手術が終わり、数か月の経過後に、次はいよいよインプラントの被せ物(上部構造、人工歯)の製作にはいります。

被せ物の種類はいくつかあります。金属、セラミック(陶材)やジルコニア(人工ダイヤモンド)などがあり、それぞれに特徴がみられます。

 

金属

セラミックと違い、金属なので割れるリスクがなく長持ちします。金属色が出るので、見た目の美しさを求める場合には適しません。使用する金属は、金と銀であり、銀歯は口腔内で劣化して金属アレルギーの原因になります。アレルギーの出ない金歯がおすすめです。

金属補強タイプセラミッククラウンとオールセラミックスクラウン

セラミック100%の被せ物は、透明感があり、より本物の歯に近い色を出せるといわれています。摩耗が少ないという点で耐久性が高いのもメリット。ただ、摩耗は少ないものの割れやすいということもあるので注意が必要です。また見た目が本物の歯に近い分、費用も比較的高額になる場合もあります。

金属補強タイプのセラミッククラウンはセラミックの内側が金属製でできています。金属アレルギーに問題がある方は避ける必要性があります。

オールセラミッククラウンは金属を使用していないため、金属アレルギーの問題もなく、審美性に優れています。現在では被せ物の第一選択肢となっています。またオールセラミックは汚れが付着しにくいので、金属より優れていると言われています。現在の歯科治療では、オールセラミックが基本と言われています。

 

ジルコニア

硬い材質として世界的にも最も使用頻度の高いオールセラミックの一つで、通常のセラミックに比べてより耐久性があります。今後インプラント治療を中心として、多くの被せ物がジルコニアに置き換わっていくことが考えられます。わが国でも現在最も注目されている素材がこのジルコニアになります。 もちろん金属ではありませんので、金属アレルギーなどの心配はありません。

美しい歯の色調を出すことができ、歯ぐきに馴染んで見えることで、審美性に優れている被せ物の素材です。硬くもあり柔軟性があるので、噛み合う歯にダメージを与えにくいというメリットもありますが、現在は費用が比較的高額になる場合が多いようです。

上記の通り、インプラントの被せ物にはいくつかの種類や特徴などがあり、どの素材がより優れているかが素材選びの大きな要因にもなりますが、お口のなかは人それぞれであり、患者様のお口の状態により担当の歯科医師と相談しながら選択することが大事だと思われます。

また、インプラントを埋め込み、被せ物がセットされたことが治療の終わりではなく、ここからがメンテナンス含めたあらたな始まりでもあることを忘れずにいてください。

川崎市 川崎区 大田区で歯医者・歯科医院をお探しの方はパール歯科医院にご相談ください。

インプラント・入れ歯・親知らず治療・虫歯治療・歯周病治療・矯正歯科・小児矯正歯科・審美歯科・予防歯科などの治療に対応しております。 マイクロスコープ、歯科用CTレントゲンを完備しておりますので、より精密な治療が可能です。

〒210-0822 神奈川県川崎市川崎区田町2丁目13−1
tel:044-280-3918
診療時間:
午前-----9:00-13:00
午後-----15:00-21:00(▲土曜日午後:14:30-18:00 △日曜午前:10:00-14:00)
休診日:祝日

新着記事一覧

  • 院長ブログ
  • 歯科医師ブログ
  • スタッフブログ
  • 豆知識ブログ

お問合せ・ご予約はこちら

ご相談をご希望の方は、下記の電話番号までお電話いただき初診のご予約をいただくか、 下記の「無料相談メールフォーム」に相談内容をご記入の上、送信ボタンを押して下さい。 電話やメールではお答えするのが難しい場合には、初診のご予約をお願いする場合があります。 また、初診はすべて保険内での診察となります。

お電話

  • お問合せはこちら044-280-3918
  • 土曜日も診療しています。
  • 駐車場完備

メールフォームでのご相談

ご予約前のご質問や疑問に
メールでお応えします

※電話での無料お悩み相談は承っておりません。
診療中にお受けしてしまうと、他の患者様にご迷惑をお掛けしてしまいますので、ご理解の程お願い申し上げます。

ページトップへ