歯の豆知識ブログ

ジルコニア

歯の豆知識

 

ジルコニア

 

川崎市川崎区小島新田駅 駅前のパール歯科医院 院長の藤田陽一です。

 

最近、色々な歯科医院などでのホームページで「ジルコニア」という素材のさし歯などの宣伝を目にすることがあります。皆さんお気づきでしょうか?

ジルコニアはとても優れた特性を兼ね備えた素材です。

 

ジルコニアとは人工ダイヤモンドとしても有名で、強く、軽く、美しく、そして体に優しいセラミックのことです。

身近なところで、最近よくTVのショップチャンネルなどでも見かける白いセラミック製の包丁などもジルコニアでできています。また、スペースシャトルの外壁や医科では骨の代替素材として人工関節などにも使用されるなど体に優しく、大変丈夫で安全なセラミックなのです。 現在、お口の中に入れる金属やプラスチック、セラミックなどが広く使用されております。近年では、金属アレルギーの問題がクローズアップされ、その心配がないセラミックによる歯科治療へと移行しています。歯科用セラミック材料に求められる要素は強度があり、美しく、安心できる素材であることです。ジルコニアは強度、耐久性、耐食性、耐熱性に非常に優れ、美しく、金属材料に取って代わるものとして最も注目されているセラミックの進化したものなのです。 このジルコニアの登場によって歯科治療は大きく変化しようとしています。

 

ジルコニアは歯科の一般治療で使用される金属に比べ、重量が約3分の1と軽量です。ジルコニアで作成したブリッジをお口の中に入れると、銀歯のブリッジと比べ違和感が少なく自然な噛む力を回復してくれます。 日本では2005年に歯科用ジルコニアセラミックとして薬事法の認可を受け使われはじめました。 世界中ですでに年間約500万本以上の補綴物に使用されています。その安全性、信頼性、実績は皆様に安心と自然な美しい笑顔を与えてくれるのです。

 

ジルコニアは歯科材料としてはとても良い素材なのですが、デメリットもあります。

それは健康保険適応外なので治療費が高額になってしまうということです。ただ自分自身の健康を考えると、ジルコニアの歯を入れるのは十分な価値があると考えられます。

お口の中に入れる歯の材料というのは日進月歩です。特に審美歯科の進歩は著しい限りです。ジルコニアは耐久性が強すぎて、咬み合わせの調整が難しいという欠点もあります。天然の歯は咬合することで自然と擦り切れて、その背が低くなりますが、ジルコニアはそれが少ないのです。

定期的に様子を見てもらうようにすることが大事になってくる訳です。

ジルコニアについてご興味などございましたら、是非、パール歯科医院にご相談ください。

 

川崎市 川崎区 大田区で歯医者・歯科医院をお探しの方はパール歯科医院にご相談ください。

インプラント・入れ歯・親知らず治療・虫歯治療・歯周病治療・矯正歯科・小児矯正歯科・審美歯科・予防歯科などの治療に対応しております。 マイクロスコープ、歯科用CTレントゲンを完備しておりますので、より精密な治療が可能です。

〒210-0822 神奈川県川崎市川崎区田町2丁目13−1
tel:044-280-3918
診療時間:
午前-----9:00-13:00
午後-----15:00-21:00(▲土曜日午後:14:30-18:00 △日曜午前:10:00-14:00)
休診日:祝日

新着記事一覧

  • 院長ブログ
  • 歯科医師ブログ
  • スタッフブログ
  • 豆知識ブログ

お問合せ・ご予約はこちら

ご相談をご希望の方は、下記の電話番号までお電話いただき初診のご予約をいただくか、 下記の「無料相談メールフォーム」に相談内容をご記入の上、送信ボタンを押して下さい。 電話やメールではお答えするのが難しい場合には、初診のご予約をお願いする場合があります。 また、初診はすべて保険内での診察となります。

お電話

  • お問合せはこちら044-280-3918
  • 土曜日も診療しています。
  • 駐車場完備

メールフォームでのご相談

ご予約前のご質問や疑問に
メールでお応えします

※電話での無料お悩み相談は承っておりません。
診療中にお受けしてしまうと、他の患者様にご迷惑をお掛けしてしまいますので、ご理解の程お願い申し上げます。

ページトップへ