歯の豆知識ブログ

デンタルフロスの種類と選び方

歯の豆知識

 

デンタルフロスの種類と選び方

 

川崎市川崎区小島新田駅 駅前のパール歯科医院 院長の藤田陽一です。

 

今回は前回のデンタルフロスの続き、皆様により合ったものが見つかり、毎日のデンタルフロスが効率

的できるよう選び方などをご説明いたします。

 

デンタルフロスを選ぶとき、値段やデザインを見て選ぶことありませんか?

デンタルフロスにはそれぞれ特長や種類があり、初めて使う方、使いなれている方、それぞれ合ったタイプがあります。

デンタルフロスを初めてお使いになられる方には、操作のしやすいホルダータイプのデンタル

フロスがおすすめです。糸巻きタイプと違い、糸を切る作業が無くて済むのでフロスでのお掃

除を習慣化しやすくなります。

そのホルダータイプにはF型とY型の2種類があります。

・F型は前歯をお掃除しやすく作られています。

・Y型は奥歯をお掃除しやすく作られています。

・奥歯が気になる方には、Y型がおすすめです。

歯の生え方は人によって違うので、使いやすい方を使ってみてください。当然ながら両方使うのもOKです。

デンタルフロスに使い慣れた方は、糸巻きタイプも使ってみましょう。

糸巻きタイプは糸の種類が選べます。

糸の種類をそれぞれの方に合わせて使えるのも、糸巻きタイプの利点です。

糸の種類は主に3種類あります。ワックス、ノンワックス、エクスパンドの3種類です。

ワックス、ノンワックス、エクスパンドの順番で使っていくことをおすすめします。

 

ワックス、ノンワックスの違い

 

ワックスタイプは、歯の間に入りやすくするように繊維の滑りを良くしたもので、ほつれづらくなっています。

普段、デンタルフロスを行わない方は歯の間に汚れが溜まっているので、なぜなら、まずは滑りの良い加工をしたワックスタイプを使うことをおすすめします。

ただ使い慣れてきた方には、ワックスタイプをおすすめしません。滑りやすい加工がされていることも

あり、歯垢をかきだすのはノンワックスタイプの方が向いているからです。最初はワックスタイプを使って、慣れてきたら、ノンワックスタイプに変えてみましょう。

 

エクスバンドタイプ

最も汚れが取れるのが、エクスバンドタイプです。

 

唾液や摩擦で糸がスポンジのようになります。ただ、糸が太いため、歯間が狭いところには入りずらい場合があるのです。

ですので、ワックスタイプ、ノンワックスタイプを使った後にエクスバンドタイプを使うようにしましょう。

歯の間に上手く入らない場合は無理せずに使うのをやめて、ご自分にあった太さのデンタルフロスを使いましょう。

デンタルフロスは慣れるまでは時間もかかるし大変だと思いますが、慣れてしまえばとても効率的に歯垢が除去できて、虫歯や歯周病が予防できます。

歯科の先進国である、米国や北欧では、歯ブラシを行う前にデンタルフロスを行う事が日常になっているそうです。

皆さんも、ご自分に合った種類や方法でデンタルフロスを習慣づけていってみてはいかがでしょうか?

 

川崎市 川崎区 大田区で歯医者・歯科医院をお探しの方はパール歯科医院にご相談ください。

インプラント・入れ歯・親知らず治療・虫歯治療・歯周病治療・矯正歯科・小児矯正歯科・審美歯科・予防歯科などの治療に対応しております。 マイクロスコープ、歯科用CTレントゲンを完備しておりますので、より精密な治療が可能です。

〒210-0822 神奈川県川崎市川崎区田町2丁目13−1
tel:044-280-3918
診療時間:
午前-----9:00-13:00
午後-----15:00-21:00(▲土曜日午後:14:30-18:00 △日曜午前:10:00-14:00)
休診日:祝日

新着記事一覧

  • 院長ブログ
  • 歯科医師ブログ
  • スタッフブログ
  • 豆知識ブログ

お問合せ・ご予約はこちら

ご相談をご希望の方は、下記の電話番号までお電話いただき初診のご予約をいただくか、 下記の「無料相談メールフォーム」に相談内容をご記入の上、送信ボタンを押して下さい。 電話やメールではお答えするのが難しい場合には、初診のご予約をお願いする場合があります。 また、初診はすべて保険内での診察となります。

お電話

  • お問合せはこちら044-280-3918
  • 土曜日も診療しています。
  • 駐車場完備

メールフォームでのご相談

ご予約前のご質問や疑問に
メールでお応えします

※電話での無料お悩み相談は承っておりません。
診療中にお受けしてしまうと、他の患者様にご迷惑をお掛けしてしまいますので、ご理解の程お願い申し上げます。

ページトップへ