歯の豆知識ブログ

ブリッジ

歯の豆知識

ブリッジ

 

ブリッジとは何らかの理由により、失ってしまった歯の間をうめるために、両隣の歯を削り土台にして、そこに橋をかけるように人工の歯をかぶせる治療法です。失ってしまった歯の本数が1~2本など、比較的少ない場合の治療に向いています。 作製にあたり、失ってしまった歯が生えていた場所や土台となる歯の状態、あるいは噛む力など全体的に診断する必要があります。 一般の方々にも、よく知られているこのブリッジ治療ですが、ブリッジを取り外しの入れ歯と混同されている方もよくいらっしゃいます。 取り外しの入れ歯と違うところは、削った歯に人口の歯を接着剤で接着するので、噛んでも入れ歯のようには動かず、以前の歯とほぼ同じような感覚で食事が出来ることです。 また、入れ歯のようにバネなどが無いため、セラミックの被せ物など、白い材料でブリッジを作れば、見た目にも自然です。 ブリッジは健康保険が適用できる場合もあるので費用を抑えることができ、見た目や機能の回復ができますが、症状によりブリッジが選択できない場合もあります。 また、失ってしまった歯のための治療法としてはブリッジのほかに部分入れ歯やインプラント治療、歯牙移植などがあります。(インプラントや歯牙移植については、また改めてご説明させていただきます。)

一般的には、ブリッジにすると歯がダメになる。土台にした歯が虫歯になる。などあまり評判が良くない話も少なくはありませんが、ですのでブリッジをお口の中に入れるには慎重な事前診断を行います。

ブリッジの土台の歯の必要な本数

ブリッジ治療の基本中の基本は、ブリッジを支える土台の歯の本数です。ブリッジは、そのブリッジの歯の総本数の半分を超える土台を使うことが基本で、これを守ればしっかりしたブリッジが出来る可能性が高くなります。

土台の歯に使う被せ物の形

ブリッジ治療で使う被せ物の形は、ブリッジにかかる噛み合わせの力に耐える必要から、歯を完全に覆うことが基本です。 なんらかの理由で、詰め物でブリッジの土台を作ることもありますが、ほとんどの場合、詰め物がブリッジにかかる噛み合わせの力に耐え切れず、知らない間に詰め物が歯から浮いてしまい、その下が虫歯になってしまうことが多いのです。

ブリッジの材質

一般的に、ブリッジに使われる材料には、銀合金までが保険適用です。金合金、プラチナ金合金、ハイブリッドセラミッククラウン、金合金を内側に使ったセラミッククラウン、高い強度のセラミックを使ったジルコニアオールセラミッククラウンなど色々な材料があり、これらは保険適用外になります 。そのなかでもオールジルコニアセラミッククラウンなどは、削った歯との適合にもすぐれ、生体親和性、審美性も良く、ブリッジ治療には理想的な材料です。

ブリッジのメリット&デメリット

メリット

1見た目が良い。

2違和感が少ない。

3ものを噛み砕く力が高い。

4歯と歯をつなぐ事で、噛む力を分散させることが出来る。

5安価(保険適用の場合)

デメリット

1土台になる健康な歯を削ってしまうので、土台の歯の寿命が短くなる。

2土台となる健康な歯がない場合には、ブリッジが出来ない。

3保険のブリッジの場合には、変色しない材料が使えない。

4保険のブリッジの場合には、前から3番目の歯までにしか白い材料が使えない。 (前から4番目以降の歯は金属の歯になる)

5保険外のブリッジの場合には、変色しない材料や奥歯に白い材料が使えるので見た目が良くなるが、治療費が高くなる。

6歯周病などで歯ぐきが下がっている場合には、見た目の回復が難しい場合がある。

ブリッジ1つにおいても保険適用か自費かの選択があり、またお口の状態にもよる治療となるので患者様ご自身では判断できない場合もあると思います。そんな時はかかりつけの歯科医院で、しっかり診断してもらい、じっくりかかりつけの先生とお話しして、患者様にあった治療を選択されることをおすすめいたします。

 

お問合せ・ご予約はこちら

ご相談をご希望の方は、下記の電話番号までお電話いただき初診のご予約をいただくか、 下記の「無料相談メールフォーム」に相談内容をご記入の上、送信ボタンを押して下さい。 電話やメールではお答えするのが難しい場合には、初診のご予約をお願いする場合があります。 また、初診はすべて保険内での診察となります。

お電話

  • お問合せはこちら044-280-3918
  • 土曜日も診療しています。
  • 駐車場完備

メールフォームでのご相談

ご予約前のご質問や疑問に
メールでお応えします

※電話での無料お悩み相談は承っておりません。
診療中にお受けしてしまうと、他の患者様にご迷惑をお掛けしてしまいますので、ご理解の程お願い申し上げます。

ページトップへ