歯の豆知識ブログ

乳歯

歯の豆知識

乳歯

 

人間は人生のなかで、2種類の歯が生えてきます。それが乳歯と永久歯です。

子供の頃に生えているのが乳歯で、その乳歯が抜けると後から永久歯が生えてくることはほとんどの方がご存知かと思われます。私達が生きていくなかでずっと付き合っていかなければならないのは永久歯であって、乳歯は永久歯が生えてくるまでのつなぎみたいなに思われますが、生え変わりが終わってしまえばほとんど顧みられることがない乳歯について説明しましょう。

 

乳歯は上のアゴと下のアゴ、合計で20本生えてきます。乳歯にはそれぞれ名前がつけられていて、中心から奥へ順番に、乳中切歯、乳側切歯、乳犬歯、第一乳臼歯、第二乳臼歯と呼ばれています。このうち、乳犬歯までの3本が前歯の形になっていて、残りの2つの乳臼歯が奥歯になっています                                                         

乳歯の特徴は永久歯よりも小さく、永久歯と比べてエナメル質や象牙質が薄いので、永久歯よりも軟らかいのが特徴です。ですので、乳歯は永久歯よりも虫歯になりやすい傾向も持っています。乳歯はいずれなくなるから虫歯になってしまったら抜歯すれば良いと簡単に乳歯を抜いてしまうという考え方はじつは良くないのです。なぜなら、それは、乳歯の部分に生えてくる永久歯の準備が整っていないからです

乳歯を抜いてしまうのは、永久歯の歯並びに大きな影響を与えてしまいます。乳歯であっても、虫歯になった場合は永久歯と同様に治療して、自然と乳歯が抜けるのを待つのが得策でしょう。

永久歯は、乳歯と同じところから生えてきます。乳歯が生えている時点では、まだ乳歯の根がアゴの骨とくっついていますが、その下から永久歯が生えてくることにより、乳歯の根は徐々にアゴの骨から切り離されていきます。そして、乳歯の根っこの結合力が弱くなると、ほんのわずかな力でも自然と乳歯が抜けてしまいます。よくある例として、物を食べていたら乳歯が抜けてしまった。

実はこれが一番理想的な乳歯の生え変わり方なのです。

 

それとは別に永久歯の生える準備ができているのに、乳歯が邪魔をして永久歯が生えてこないという場合もあります。これも歯並びに悪い影響を与えてしまいますので乳歯がまだ残っているのに永久歯が生えてきたとか、不自然なほど乳歯が抜けないなどの問題がある場合には、歯科医院で相談することをおすすめいたします

川崎市 川崎区 大田区で歯医者・歯科医院をお探しの方はパール歯科医院にご相談ください。

インプラント・入れ歯・親知らず治療・虫歯治療・歯周病治療・矯正歯科・小児矯正歯科・審美歯科・予防歯科などの治療に対応しております。 マイクロスコープ、歯科用CTレントゲンを完備しておりますので、より精密な治療が可能です。

〒210-0822 神奈川県川崎市川崎区田町2丁目13−1
tel:044-280-3918
診療時間:
午前-----9:00-13:00
午後-----15:00-21:00(▲土曜日午後:14:30-18:00 △日曜午前:10:00-14:00)
休診日:祝日

新着記事一覧

  • 院長ブログ
  • 歯科医師ブログ
  • スタッフブログ
  • 豆知識ブログ

お問合せ・ご予約はこちら

ご相談をご希望の方は、下記の電話番号までお電話いただき初診のご予約をいただくか、 下記の「無料相談メールフォーム」に相談内容をご記入の上、送信ボタンを押して下さい。 電話やメールではお答えするのが難しい場合には、初診のご予約をお願いする場合があります。 また、初診はすべて保険内での診察となります。

お電話

  • お問合せはこちら044-280-3918
  • 土曜日も診療しています。
  • 駐車場完備

メールフォームでのご相談

ご予約前のご質問や疑問に
メールでお応えします

※電話での無料お悩み相談は承っておりません。
診療中にお受けしてしまうと、他の患者様にご迷惑をお掛けしてしまいますので、ご理解の程お願い申し上げます。

ページトップへ