歯の豆知識ブログ

根管治療とその方法

歯の豆知識

 

根管治療とその方法

 

川崎市川崎区小島新田駅 駅前のパール歯科医院 院長の藤田陽一です。

 

 

皆さんの中には歯の神経を取ったことがある方、多くいらっしゃるのではないでしょか?

歯の神経を取ったり歯の根の先に膿の袋ができたりした場合、歯の根の治療をする必要がでてきます。

今回は歯の根の治療、根管治療についてお話しさせていただきます。

 

根管治療は回数がかかることがよくあります。同じような治療を何回か繰り返し、疑問をもたれた方もいらっしゃるのではないでしょか?

根管治療とは歯の根の中の根管を消毒して無菌状態にして再度、悪い細菌が感染しないように薬をつめる、とても手間のかかる治療なのです。

さて、説明が前後してしまいましたが、歯の根には根管といって神経や血管等軟組織が通じている空洞があります。この空洞を根管といいます。

虫歯が進行すると、痛みが徐々にひどくなります。虫歯が歯の神経を刺激するからです。

そうなった場合は根管内の神経を取り除く処置(抜髄)を、局所麻酔を行ったうえで行います。

抜髄を行うと、今まであった虫歯の痛みがほとんどなくなります。

あるいは神経が死んでしまって悪い細菌に感染した時も、根管治療が必要になります。

抜髄の処置がうまくいかず、悪い菌に根管が感染してしまった場合や、打撲により歯の神経が自然に死んでしまうことがあります。そういった場合、根の先に膿の袋ができたり、咬み合わせた時、違和感がでたりします。

 

レントゲン撮影すると黒い影が歯の根の先に写る場合もあります。

この黒い影として写る膿の袋を専門予用語で歯根嚢胞といいます。この時も根管治療を行うのです。

この歯根嚢胞を放置すると、時として歯の根の近くに、ニキビのような白いできものできることがあります。やがてできたものは腫れてきて穴が開き、膿がでて、小さくなります。

ただ根本の原因である、歯根嚢胞を活かさないと再度ニキビができ、腫れて、穴が開くことを繰り返します。この状態では疲労やストレスがかかり、身体の抵抗力や免疫力が下がると炎症が急性化してしまい、より強い痛みがでたりします。ですからしっかりとした根管治療が必要となるのです。

 

次に根管治療のポイントについて説明します。

一番大事なことは根管治療中に根管の中に悪い細菌をいれないことです。

根管内に唾液や歯垢が入ると、その中の細菌が侵入して、痛みや炎症が長引きます。

そこでラバーダムという特殊な薄いゴムの膜で根管治療中の歯を囲み、最近の侵入を防ぐ方法を、パール歯科医院では行っております

長時間、口を開け続けなければならないというデメリットはありますが、細菌感染を防ぐという観点からすると必要な処置と考えます。

次に大事なことは、歯の神経、あるいは、最近に感染した部分をきれいにして取り残さないことです。

根管は前歯、奥歯、奥歯でも上下の大臼歯では根管の数は違うのです。

見落とさないように細心の注意がいります。

パール歯科医院ではマイクロスコープという特別な顕微鏡を使用する事も頻繁にあります。手間と時間がかかりますが、歯をながくもたせるという意味では外せません。

更には根管の形を整えます。

根管の断面は、楕円形、三角形だったり、二股に分かれていたり、更にはそれが再び一つになったり、枝分かれしたりと、複雑極まる形態をしています。

この根管を微小な器具や道具を使用して、無菌状態をつくるのです。

この複雑極まる根管を拡大するのに、時間がかかるのです。

無菌状態が確保された根管内にガッターパーチャというゴムのような薬を緊密に詰め込みます。

仮に緊密に詰められず、空間ができてしまうと、再度最近が繁殖してしまい、問題を起こすことがあるのです。

このような根管治療はとても大切な治療であるという事をご理解いただけたらと思います。

次回も根管治療についてご説明させていただきます。

川崎市 川崎区 大田区で歯医者・歯科医院をお探しの方はパール歯科医院にご相談ください。

インプラント・入れ歯・親知らず治療・虫歯治療・歯周病治療・矯正歯科・小児矯正歯科・審美歯科・予防歯科などの治療に対応しております。 マイクロスコープ、歯科用CTレントゲンを完備しておりますので、より精密な治療が可能です。

〒210-0822 神奈川県川崎市川崎区田町2丁目13−1
tel:044-280-3918
診療時間:
午前-----9:00-13:00
午後-----15:00-21:00(▲土曜日午後:14:30-18:00 △日曜午前:10:00-14:00)
休診日:祝日

新着記事一覧

  • 院長ブログ
  • 歯科医師ブログ
  • スタッフブログ
  • 豆知識ブログ

お問合せ・ご予約はこちら

ご相談をご希望の方は、下記の電話番号までお電話いただき初診のご予約をいただくか、 下記の「無料相談メールフォーム」に相談内容をご記入の上、送信ボタンを押して下さい。 電話やメールではお答えするのが難しい場合には、初診のご予約をお願いする場合があります。 また、初診はすべて保険内での診察となります。

お電話

  • お問合せはこちら044-280-3918
  • 土曜日も診療しています。
  • 駐車場完備

メールフォームでのご相談

ご予約前のご質問や疑問に
メールでお応えします

※電話での無料お悩み相談は承っておりません。
診療中にお受けしてしまうと、他の患者様にご迷惑をお掛けしてしまいますので、ご理解の程お願い申し上げます。

ページトップへ