歯の豆知識ブログ

歯ぎしり

歯の豆知識

 

 

歯ぎしり

 

川崎市川崎区小島新田駅 駅前のパール歯科医院 院長の藤田陽一です。

 

歯ぎしりの自覚症状のある人はごく一部と言われています。

 

無意識に歯ぎしりや食いしばりをしている人は特に注意が必要です。

アゴを大きく動かして「ギリギリ」「ボリボリ」「コリコリ」といった、きしむような音がするならば、

それが歯ぎしりです。歯ぎしりが起きる際には、咀嚼に関わる筋肉の異常な緊張が見られます。 歯ぎしりは咬み合わせが変化したり、かぶせた物が合わなかったりしたときや、また、ストレスを抱えている人に多く見られる症状と言われております。

歯ぎしりは、睡眠の質を落とし、妨害するだけでなく、確実に歯や顎関節に何らかのダメージを与えるのです。

また、起床したあとに、肩こりや頭痛がある場合も歯ぎしりが原因と言われております。 歯ぎしり、食いしばりを強くされる方の歯には磨耗が起こり、歯が欠ける、折れる、割れる、知覚過敏の症状がでる、歯周病が悪化しやすい顎関節症の誘発などの症状が出ることもあります。

 

歯ぎしりの治療法や対処法とは?

 

一般的な治療方法としては、「スプリント」と呼ばれるマウスピースを装着して寝る方法もあります。歯を守り、あごの位置も安定するのでしっかりと睡眠も取れます。 ただお口の中に何かを入れて寝るわけですから、最初は異物感があり慣れるまで少し時間がかかることもあります。また、歯ぎしりの原因として考えられる原因の1つは、歯の噛み合わせの悪さがあげられるので、乱れた噛み合わせを治すことで歯ぎしりを治療していきます。治療方法として、噛み合わせの悪い歯を調整したり、高さの合わない被せものを再度作り直して、上下左右の噛み合わせのバランスを合わせます。

また歯ぎしりの治療の1つに歯ぎしりの矯正もあります。根本的に完治、改善させることを目的としており、専門の矯正器具を使って歯並びや噛み合わせの悪さを治療します。矯正器具を使用して負担をかけない程度に少しずつ、ゆっくりと歯を正しい位置へと動かしていきます。治療後は80%以上の人に症状の改善が見られたといわれており、歯ぎしりの根本的な治療方法としてかなり有効と言えます。他にも薬物を筋肉に注射する方法やストレスを解消することで歯ぎしりを治す治療方法などが研究されています。

残念ながら現在、歯ぎしりを完全に無くす治療法は未だ見つかっていません。なぜなら歯ぎしりは睡眠と密接に関わっているからです。睡眠はまだ解明されていないメカニズムがおおくあります。また近年、歯ぎしりは必ずしも悪いものではなく、ストレス発散のための生体反応で、適度な歯ぎしりをコントロールすることが大切だとも考えられています。

ただし、歯ぎしりのひどい人は歯が折れることや口が開かなくなってしまうこともあります。歯ぎしりでお悩みの方や、顎が痛い・歯がしみるなどの症状がある方は早めにかかりつけの歯科医院に相談してみましょう。

 

お問合せ・ご予約はこちら

ご相談をご希望の方は、下記の電話番号までお電話いただき初診のご予約をいただくか、 下記の「無料相談メールフォーム」に相談内容をご記入の上、送信ボタンを押して下さい。 電話やメールではお答えするのが難しい場合には、初診のご予約をお願いする場合があります。 また、初診はすべて保険内での診察となります。

お電話

  • お問合せはこちら044-280-3918
  • 土曜日も診療しています。
  • 駐車場完備

メールフォームでのご相談

ご予約前のご質問や疑問に
メールでお応えします

※電話での無料お悩み相談は承っておりません。
診療中にお受けしてしまうと、他の患者様にご迷惑をお掛けしてしまいますので、ご理解の程お願い申し上げます。

ページトップへ