歯の豆知識ブログ

歯と認知症の関係

歯の豆知識

歯と認知症の関係

 

みなさんは「認知症」という病気をご存知だと思います。認知症と歯には関係性があることをご存知でしたでしょうか?

認知症は年齢を重ねるにつれて脳の働きが不活発になり、脳の細胞が死んでしまう病気です。認知症は70歳以上の御高齢者方の中で2番目に多い障害疾患と言われています。

 

認知症と歯科の関連性とは、いったい何でしょうか?

 

実は歯がない人は認知症になる確率が2倍近くにもなるといわれています。

人間は物を食べるときに脳を刺激します。そのため、歯がなかったり、残っている歯が少なかったりすると学習能力や記憶をつかさどる大脳皮質などが刺激されなくなり、脳が活性化しなくかるといわれています。

また、歯が抜けると噛めないだけでなく歯根膜もなくなり、もちろん脳への刺激は伝わらなくなります。また、歯があってもあまり噛むことを意識しないで食べていると、脳への刺激が少なくなってしまいます。このことから、脳を活性化するには意識して噛む事が重要だと言えるでしょう。

このように歯は物を噛むだけではなく、脳への刺激を与える働きもあるのです。脳に良い影響を与えるためにもなるべく噛むことにも意識をして食事をすることをお勧めします。

では、今歯がない人はどうしたらよいのでしょうか?                      その場合は、入れ歯をいれたり、インプラント治療などできちんと噛めるようになることが認知症などへのリスクをさげるのです。しかし、ただ入れ歯を入れるだけでは不十分です。ある病院で行われた調査では、入れ歯が合っていない人全てが認知症だったとの報告があります。どちらを選択する場合も、自分に合った物を作るようにしましょう。そして自分に合った入れ歯やインプラントを使用し、正しく噛む事が重要なのです。

また最近では、歯周病が認知症の原因であるという指摘が増えてきている報告があります。歯周病で歯を早くに失うことは認知症のリスクを高めることにつながります。それどころか歯周病は、糖尿病や脳梗塞などといった全身の病気にかかわります。このように歯はお口の中だけでなく全身と関係しています。かかりつけの歯科医院で定期的に歯のメンテナンスなど、しっかりと口腔ケアを行って人生をよりよいものにしてみてはいかがでしょうか?

お問合せ・ご予約はこちら

ご相談をご希望の方は、下記の電話番号までお電話いただき初診のご予約をいただくか、 下記の「無料相談メールフォーム」に相談内容をご記入の上、送信ボタンを押して下さい。 電話やメールではお答えするのが難しい場合には、初診のご予約をお願いする場合があります。 また、初診はすべて保険内での診察となります。

お電話

  • お問合せはこちら044-280-3918
  • 土曜日も診療しています。
  • 駐車場完備

メールフォームでのご相談

ご予約前のご質問や疑問に
メールでお応えします

※電話での無料お悩み相談は承っておりません。
診療中にお受けしてしまうと、他の患者様にご迷惑をお掛けしてしまいますので、ご理解の程お願い申し上げます。

ページトップへ