歯の豆知識ブログ

歯に悪い食べ物と飲み物

歯の豆知識

 

歯に悪い食べ物と飲み物

 

川崎市川崎区小島新田駅 駅前のパール歯科医院 院長の藤田陽一です。

 

皆さんは虫歯予防に何か気を使ってやっていることはありますか?

身体の健康には気を使っていても、意外と歯の健康のことまで気を使っている方は、少ないのではないでしょうか?

そして常日頃、身体の健康によいと思って取り入れていたものに、意外な落とし穴があることを、皆さんご存知でしょか?

今回は、歯の健康に悪い食べ物や飲み物を、ご紹介します。

その前に、虫歯とは細菌感染による歯の破壊の事です。簡単に言うと、酸が歯を溶かす現象です。これを脱灰(だっかい)と呼びます。歯が脱灰しても、ふつうは唾液がエナメル質を修復します。これを再石灰化(さいせっかいか)と呼びます。だから虫歯になりにくいのです。しかし、脱灰が必要以上に多いと、再石灰化が間に合わず、これが虫歯になる原因となるのです。

それでは歯の健康に悪い食べ物&飲み物

1.ドライフルーツ

2.スナック菓子

3.柑橘類

4.コーヒー

5.赤ワイン

6.炭酸飲料や清涼飲料水

7.キャンデー

などです。ドライフルーツは、栄養価なども高く健康に良いとされていますが、歯にくっつきやすく、糖分を多く含むため、お口の中のバクテリアを増やす原因になります。ポテトチップスなどのスナック菓子も歯につきやすく、また糖をたっぷり含むためバクテリアの餌となり、歯に多くの悪影響を及ぼします。柑橘類は、ビタミンCが豊富で、健康面でも良いと言われているオレンジやレモンといった柑橘類は、実は歯に悪いとされている食べ物の一つです。これらに含まれている強い酸と糖分が、歯に悪影響を及ぼすからです。ただし、食後に口をゆすぐなどすれば、酸による悪影響を少くなくさせることが出来ます。

コーヒーは歯の表面をネバネバにする作用もあり、歯に悪い食品類と一緒で食べ物が歯に付着しやすくなり、結果として歯にダメージを与えるきっかけになり得る飲み物と言われています。赤ワインは近年ポリフェノールが身体に良い影響を及ぼすと言われていますが、歯のことを考えるとステイン(シミ)も付着するので、気を付けたい飲み物です。赤ワインは酸性の飲み物です。酸は柑橘類と同様、歯を溶かすのです。炭酸飲料は、文字にもあるように酸を含む飲み物です。また、清涼飲料水は体に良さそうなイメージですが、実は糖分が多く含まれています。歯だけでなく身体にも悪いものです。キャンデー、皆さんご存知の通り、歯に悪い食べ物です。飴やキャンデーを食べるということは甘いものを口の中に長時間留まらせ、歯を糖分と酸にさらし続ける。もちろん、お口の健康に良いわけがないですよね。

上記のように、歯にとって悪い食べ物や飲み物は、いくつかありますが、歯に悪いからといって食べることや飲むことを完全にやめるのではなく、そういった食べ物や飲み物をとる場合には、十分に歯磨きなどで気を付けたり、また、定期的な健診での歯のメンテナンスが大切になってきます。好きなものを食べたり、飲んだりすることは、人生の楽しみの一つになりますので、無理しない程度に気を付けてみたらいかがでしょうか?

お問合せ・ご予約はこちら

ご相談をご希望の方は、下記の電話番号までお電話いただき初診のご予約をいただくか、 下記の「無料相談メールフォーム」に相談内容をご記入の上、送信ボタンを押して下さい。 電話やメールではお答えするのが難しい場合には、初診のご予約をお願いする場合があります。 また、初診はすべて保険内での診察となります。

お電話

  • お問合せはこちら044-280-3918
  • 土曜日も診療しています。
  • 駐車場完備

メールフォームでのご相談

ご予約前のご質問や疑問に
メールでお応えします

※電話での無料お悩み相談は承っておりません。
診療中にお受けしてしまうと、他の患者様にご迷惑をお掛けしてしまいますので、ご理解の程お願い申し上げます。

ページトップへ