歯の豆知識ブログ

歯石

歯の豆知識

 

歯石

 

 

歯の表面によくつく歯石、皆さんはどの程度理解をしていますか?

歯石とは、歯の表面に付着したプラーク(歯垢)が石灰化したものです。唾液にはカルシウムイオンが含まれており、これは歯の表面を再石灰化する役割がありますが、歯の磨き方が不十分で歯の表面にプラークが付着したままになっていると、唾液に含まれるカルシウムイオンによってプラークが石灰化してしまい歯石になります。

歯石は汚れの塊なのです。そのため歯石はすぐにでも除去するべきなのですが、歯ブラシでは固くて取れません。歯科医院で除去してもらう必要があります。

 

歯垢と同様、歯石には「歯肉縁上歯石」と歯周病の進行とともにできる「歯肉縁下歯石」の2種類に分類されます。 歯肉縁上歯石は乳白色~黄色をしていて、歯根(歯肉に近い方)から蓄積されていきます。

下の前歯の裏側の近くには唾液の出口である唾液腺は、特に歯石が形成されやすい場所になります。歯科医院でのクリーニング直後などではない限り、この部分の歯石が全くないという方はほとんどいないでしょう。 歯肉縁下歯石は、歯肉ポケットから分泌される血液混じりの滲出液(しんしゅつえき)から生成されるため、茶色や黒色をしています。歯根部分に多く付着するため、歯周病でグラグラになった歯を抜いてみると、歯根が歯石だらけだったということも少なくありません。 また、歯周病の進行は加速されます。

 

では、歯石が付かないようにするためにどうすればよいでしょうか?

 

歯垢が歯石に変化するまでの期間は、清掃の状況によって違います。普段からしっかりとプラークコントロールができている方はあまり歯石は形成されません。プラークコントロールがうまくできていない方は歯垢が放置されてから早期に歯石が形成されると言われています。まずは歯垢の段階から除去するように心がけましょう。歯ブラシに加え、歯と歯の間の掃除も並行して行うことが重要になります。 しかし、歯石の表面は細かい穴が開いており、ブラッシングで歯石を完全に除去することは出来ません。いくらブラッシングを頑張っても、歯石を完全に取り除くことは非常に困難であり、結局は歯石そのものの除去が必要となります。そこで、歯科医院で専用の道具を使用して、定期的に歯石の除去を行うことをおすすめします。

現在、中高年のおよそ8割が歯周病を抱えていると言われております。歯周病や虫歯などなく、治療する必要がない方でも、歯垢や歯石が溜まっているケースはかなり多いので、定期検診と歯石の除去がとても重要になり、歯周病が進行するリスクをさげてくれるのです。あなたが健やかな毎日を送るためにも歯のケアをしっかりおこないましょう。

 

お問合せ・ご予約はこちら

ご相談をご希望の方は、下記の電話番号までお電話いただき初診のご予約をいただくか、 下記の「無料相談メールフォーム」に相談内容をご記入の上、送信ボタンを押して下さい。 電話やメールではお答えするのが難しい場合には、初診のご予約をお願いする場合があります。 また、初診はすべて保険内での診察となります。

お電話

  • お問合せはこちら044-280-3918
  • 土曜日も診療しています。
  • 駐車場完備

メールフォームでのご相談

ご予約前のご質問や疑問に
メールでお応えします

※電話での無料お悩み相談は承っておりません。
診療中にお受けしてしまうと、他の患者様にご迷惑をお掛けしてしまいますので、ご理解の程お願い申し上げます。

ページトップへ