歯の豆知識ブログ

親知らずを抜くべきケースとは?

歯の豆知識

 

親知らずを抜くべきケースとは?

 

川崎市川崎区小島新田駅 駅前のパール歯科医院 院長の藤田陽一です。

 

 

歯の一番奥に、一番最後に生えてくる親知らず。

親知らずは他の歯を圧迫して歯並びが悪くなる原因になってしまう場合があります。

でも、親知らずだからと言って必ずしも抜かなくてはいけないわけではないことを皆様ご存知でしょうか?

今回は、親知らずを抜いたほうが良い場合と、抜かなくて良い場合についてご説明致します。

 

まず、親知らずとは?

親知らずの正式名称は「第三大臼歯」です。最前方の前歯から数えて8番目にある、最も奥の歯を言います。

永久歯が生えそろった後で生えてくることが多いため「親に知られることなく生えてくる歯」という意味でこのように呼ばれるようになったようです。

また、親知らずは誰にでも生えてくるものではありません。多くの人は親知らずが生えたことがると言われています。

 

また親知らずは、歯並びや生え方、歯の状態によっては、親知らずを今後の歯の治療に活かすことができる場合もあるのです。

 

下記は、親知らずを抜いた方が良い場合と、抜かない方が良い場合についてご紹介します

 

まず、抜いた方が良いケースとは、親知らずが変な向き、または半分埋まって生えているために歯磨きがしづらく、歯周病や虫歯のリスクが高い場合、もしくはすでに虫歯になってしまっている場合。

上下の親知らずが噛み合っていない場合。

親知らずが原因で歯並びが悪化しそうな場合、もしくはすでに悪化している場合。

歯列矯正のために歯を動かすスペースを作る必要がある場合。

 

親知らずは歯磨きがしづらいために虫歯や歯周病になりやすく、虫歯の放置は口臭や歯茎の腫れなど口内環境の悪化にもつながります。

 

トラブルのある親知らずが生えている限り、歯並びの悪化や虫歯のリスクをずっと抱えていることになります。

 

そのようなリスクや他の歯へ悪影響を及ぼす可能性が高い親知らずは、早めに抜歯をした方が良いのです。

海外旅行や妊娠出産などの予定がある方も、治療に行けないタイミングで虫歯や歯茎が痛む…という可能性もあるので、早めに抜歯することをおすすめします。

 

では、逆に親知らずを抜かなくてもよいケースとは?

 

親知らずが真っすぐ生えていて虫歯がなく、上下がきちんと噛み合っている場合。

完全に骨の中に埋もれていて、レントゲンで確認した時に横を向いているが、周囲の歯や歯並び、

かみ合わせ、骨などに影響がない場合。

親知らずは、その存在自体が問題なわけではありません。

 

トラブルのない親知らずであれば、入れ歯やブリッジの支えに使ったり、虫歯などで歯を抜いた場所へ

矯正治療などで移動させるということもできます。

親知らずを抜かずに残しておくことで、将来的に治療の選択肢が増える場合もあります。

親しらずは、その治療や抜歯をしないまま放置しておくと、虫歯や歯周病の悪化を招くだけでなく、ほかの歯にも影響を与えることになるのです。

 

歯並びの崩れや顎関節症の原因にもなるため、早めに対処することがおすすめです。

特に女性は、妊娠や出産時に親知らずのトラブルが起こりやすいと言われています。

ホルモンバランスの変化から抵抗力が落ち、親知らずに強い痛みが出ることもあるのです。

妊娠時は薬の服用に制限があるため、痛みを我慢しなければなりません。そうなる前に、対策を考えておきましょう。

親知らずはトラブルの原因になりやすいため、抜歯をすすめられる場合が多いと思います。

自分の親知らずは本当に抜かなければならないのか、抜くとしたらその理由は何なのか、

きちんと知っておく必要だと思います。

 

親知らずを抜く際には、注意点もいくつかありますので、親知らずなどのことでご不明な点等ございましたらパール歯科医院まで是非お問い合わせください。

川崎市 川崎区 大田区で歯医者・歯科医院をお探しの方はパール歯科医院にご相談ください。

インプラント・入れ歯・親知らず治療・虫歯治療・歯周病治療・矯正歯科・小児矯正歯科・審美歯科・予防歯科などの治療に対応しております。 マイクロスコープ、歯科用CTレントゲンを完備しておりますので、より精密な治療が可能です。

〒210-0822 神奈川県川崎市川崎区田町2丁目13−1
tel:044-280-3918
診療時間:
午前-----9:00-13:00
午後-----15:00-21:00(▲土曜日午後:14:30-18:00 △日曜午前:10:00-14:00)
休診日:祝日

新着記事一覧

  • 院長ブログ
  • 歯科医師ブログ
  • スタッフブログ
  • 豆知識ブログ

お問合せ・ご予約はこちら

ご相談をご希望の方は、下記の電話番号までお電話いただき初診のご予約をいただくか、 下記の「無料相談メールフォーム」に相談内容をご記入の上、送信ボタンを押して下さい。 電話やメールではお答えするのが難しい場合には、初診のご予約をお願いする場合があります。 また、初診はすべて保険内での診察となります。

お電話

  • お問合せはこちら044-280-3918
  • 土曜日も診療しています。
  • 駐車場完備

メールフォームでのご相談

ご予約前のご質問や疑問に
メールでお応えします

※電話での無料お悩み相談は承っておりません。
診療中にお受けしてしまうと、他の患者様にご迷惑をお掛けしてしまいますので、ご理解の程お願い申し上げます。

ページトップへ