歯の豆知識ブログ

顎関節症

歯の豆知識

 

顎関節症

 

最近、顎関節症という言葉をよく耳にします。

顎関節症とは口を開けたとき耳の手前にある顎関節からポキッとおとがしたり、痛みがでたりする病気です。

顎関節症は簡単に言うと、慢性疾患で原因は様々ということです。顎関節症は2人に1人が一度は経験すると言われています。多くの人は、しばらく放置しておいても特に悪化することはなく、時間がたつにつれて徐々に回復していきます。顎関節症は、それほど怖い病気ではないのです。しかし、中にはつらい症状に何年も苦しんでいる患者さんもいらっしゃいます。 原因はなにか?

  1. ブラキシズム(くいしばり、歯ぎしり)
  2. 精神的ストレス
  3. 偏咀嚼(左右どちらか一方でばかり噛む癖)
  4. アゴや筋肉に負担をかける習慣

などがあります。

顎関節症はアゴの関節やアゴを支える筋肉や靭帯などの不調により起こります。

また、頭痛や肩こりの原因にもなっているといわれています。

かつては顎関節症の原因は噛み合わせの異常にあると言われていましたが、現在では顎関節症の原因は上記4つもふくまれるようになりました。

それらが積み重なって、ある限界を超えたときに発症すると言われています

治療法

顎関節症の治療法の多くは保存的治療で対処しますが、稀に外科的治療も稀に行う場合もあります。通常は鎮痛薬の規則的な服用で,関節内の炎症を鎮めるとともに,スプリントといわれる,プラスチックの板を歯列全体にかぶせる保存的な治療が一般的です。また炎症がひどいときは,点滴注射で関節の中を洗い潤滑剤を注入することもあります。

また、家庭での注意も必要になります.一番大切なことはアゴの関節に負担をかけないことです。

マッサージをしたり、直接アゴに負担がかからない生活をこころがけましょう。

 

顎関節症の疑い

  1. 口をあけると、ポきっとおとがする
  2. 口を開けると、左右どちらかが開けにくい
  3. 物を咬むと痛みがある。
  4. 口が開かないときがある。
  5. アゴが痛い。
  6. 咬み合わせに違和感がある。

 

上記の通りいくつかあてはまれば、注意が必要です。

病気はなんでも、早期発見、早期治療が一番早く治ります。

何か不安なこときがかりなことがあえれば、かかりつけの歯科医院に相談してみましょう。

 

お問合せ・ご予約はこちら

ご相談をご希望の方は、下記の電話番号までお電話いただき初診のご予約をいただくか、 下記の「無料相談メールフォーム」に相談内容をご記入の上、送信ボタンを押して下さい。 電話やメールではお答えするのが難しい場合には、初診のご予約をお願いする場合があります。 また、初診はすべて保険内での診察となります。

お電話

  • お問合せはこちら044-280-3918
  • 土曜日も診療しています。
  • 駐車場完備

メールフォームでのご相談

ご予約前のご質問や疑問に
メールでお応えします

※電話での無料お悩み相談は承っておりません。
診療中にお受けしてしまうと、他の患者様にご迷惑をお掛けしてしまいますので、ご理解の程お願い申し上げます。

ページトップへ