歯の豆知識ブログ

妊婦さんと予防歯科のお話し

妊娠中の女性の皆さん

妊娠中は、普段以上にお口の中をいたわって下さい

エストロゲンという女性ホルモンが、妊娠すると増え、それを栄養素とする歯周病菌も

増加するという事は、以前のこの欄で書きました (女性ホルモンと歯周病を参照)

 

つわりがあると、ブラッシングをするのが億劫になります

するとお口の中が汚れて、歯肉の炎症が起きたり虫歯になり易くなったりします

お腹の中の赤ちゃんにいいわけがありません

そうならないようにしましょう

歯磨きにまさる予防法はありません

大変でも歯磨きをしっかりしましょう!

デンタルフロスや歯間ブラシ、タフトブラシもしっかり使って下さい

産まれてくる赤ちゃんのためにも是非やってください

妊娠中は、お薬や治療に制限があるので、大きなトラブルが発生しても

治療がしづらい場合よくあります

麻酔の注射やレントゲン写真を撮影する場合は、特に慎重を期します

結婚したら、歯科医院に 何でもなくても通院しましょう

特に虫歯の疑いのある歯がある場合、必ず来院して下さい

また親知らずが、腫れ易い人も同様です

最悪の場合 歯の神経を抜いたり、歯自体を抜かなければならない事もあります

その際 麻酔は必須ですし、レントゲン写真も撮影する事が多いです

特に安定期以外は、注意が必要です。

実際は麻酔注射もレントゲンも、妊婦さんに与える影響はほぼ0です

しかし0ではないのです

結婚して妊娠の可能性がでたら虫歯は無くして、できれば親知らずも

問題が起きる前に抜いてしまった方がよいでしょう

それともう一つ、タバコは喫わないで下さい

妊娠中の喫煙は、胎児によくないのは常識ですよね!

歯肉にも良くないです

前回の豆知識でも書きました(タバコで歯が抜ける!)

読んでいない人はぜひお読み下さい

お問合せ・ご予約はこちら

ご相談をご希望の方は、下記の電話番号までお電話いただき初診のご予約をいただくか、 下記の「無料相談メールフォーム」に相談内容をご記入の上、送信ボタンを押して下さい。 電話やメールではお答えするのが難しい場合には、初診のご予約をお願いする場合があります。 また、初診はすべて保険内での診察となります。

お電話

  • お問合せはこちら044-280-3918
  • 土曜日も診療しています。
  • 駐車場完備

メールフォームでのご相談

ご予約前のご質問や疑問に
メールでお応えします

※電話での無料お悩み相談は承っておりません。
診療中にお受けしてしまうと、他の患者様にご迷惑をお掛けしてしまいますので、ご理解の程お願い申し上げます。

ページトップへ