歯の豆知識ブログ

ママから赤ちゃんへ 虫歯菌感染の話し

虫歯の原因となる虫歯菌 100%の人がお口の中に飼っています

もし虫歯菌がいなければ、歯を磨かなくても虫歯になりません

極端な話しですけど

虫歯菌は、生まれたばかりの赤ちゃんにはいません

正確には、歯が生えてくる生後6ヶ月までは口の中にいません

虫歯菌は歯がないと生きられないからです

虫歯菌はどこから来るのでしょう?

感染ルートはたった一つ

唾液によって人から人へとうつっていきます

なかでもママから赤ちゃんへの感染が一番多いのです

 

小さな子どもにご飯を食べさせるママ

味見したり温度を確かめたりする際、親子で一つのスプーンを使って

食事をあげていませんか?

こうしてママの唾液に混じった虫歯菌が、かわいいお子さんに

うつってしまうのです

そこでお母さんに提案です!

お子さんにご飯をあげる時、スプーンやお箸の共用はなるべくやめましょう

さらに大切なことは、ママのお口の中の虫歯菌を少なくすることです

まず第一に、ママのお口の中の虫歯を治しましょう

虫歯菌は虫歯のなかで、大量発生 大量繁殖します

当然唾液中の虫歯菌濃度も高くなります

それから丁寧な歯磨きも大事です

ママのお口の中が綺麗であることが、かわいいお子様のためです

さらには100%キシリトールを摂る習慣をつけてください

キシリトールはお口の中の虫歯菌を弱らせます

キシリトールの入ったガムやタブレットで虫歯菌のコントロールをして下さい

虫歯菌感染のピークは、生後半年から3歳です

何故ならこの時期、次々乳歯が生えてきます

生えたての歯が一番感染しやすいのです

お問合せ・ご予約はこちら

ご相談をご希望の方は、下記の電話番号までお電話いただき初診のご予約をいただくか、 下記の「無料相談メールフォーム」に相談内容をご記入の上、送信ボタンを押して下さい。 電話やメールではお答えするのが難しい場合には、初診のご予約をお願いする場合があります。 また、初診はすべて保険内での診察となります。

お電話

  • お問合せはこちら044-280-3918
  • 土曜日も診療しています。
  • 駐車場完備

メールフォームでのご相談

ご予約前のご質問や疑問に
メールでお応えします

※電話での無料お悩み相談は承っておりません。
診療中にお受けしてしまうと、他の患者様にご迷惑をお掛けしてしまいますので、ご理解の程お願い申し上げます。

ページトップへ