歯の豆知識ブログ

受け口を予防する舌のトレーニング

反対咬合、いわゆる受け口ですね!

プロレスラーの、アントニオ猪木さんをはじめ世の中には 受け口の人多く存在します

「力強くて男らしい」 という意見もありますが、見た目を考えるとやっぱり・・・。

ですよね!

受け口の人は横顔が、見た目どうしても悪くなります

受け口の原因は、遺伝です

でも最近、原因がもう一つあることがわかってきました

口を閉じた状態で、舌が正しい位置に置かれていないからです

正常な舌の位置は

①舌の先が、上の前歯の裏に付いている

②舌の広い部分(舌背)が、上顎(口蓋)についている

状態です

それでは、なぜ舌が正常な位置から外れてしまったのか?

それはひとえに、舌の筋力不足によります

 

ではどうやって、舌の筋力をアップさせるか

硬めのガムを使った、ガムトレーニングというものがあります

ガムには色々種類がありますが、おすすめはクロレッツ

あるいは、ロッテのフィッツもいいと思います

舌は どのように機能しているかを、目で見ることはできないのですが

ガムを使うことにより、舌の運動や舌の筋力を判断することができます

ガムトレーニングでできることとして

①舌の機能のチェック

②「片咬み」を治し、咬む力をつける

③舌の動きをよくする

④舌の筋力をつける

⑤「飲み込み方」の訓練

などができます

ところで「片咬み」とは

左右どちらかだけで、咬む癖のこと

あまりひどいと、歯並び・顎・筋肉のバランスが崩れます

また「飲み込み方」とは

食事中に舌が口からでている子供を、たまに見かけます

舌がいつも口からでていると、歯と歯の間に隙間ができたりします

あるいは、上と下の歯が合わさらなくなったりします

このような場合もガムトレーニングは有効です

具体的なガムトレーニングの方法は、また次回詳しくお知らせします

 

お問合せ・ご予約はこちら

ご相談をご希望の方は、下記の電話番号までお電話いただき初診のご予約をいただくか、 下記の「無料相談メールフォーム」に相談内容をご記入の上、送信ボタンを押して下さい。 電話やメールではお答えするのが難しい場合には、初診のご予約をお願いする場合があります。 また、初診はすべて保険内での診察となります。

お電話

  • お問合せはこちら044-280-3918
  • 土曜日も診療しています。
  • 駐車場完備

メールフォームでのご相談

ご予約前のご質問や疑問に
メールでお応えします

※電話での無料お悩み相談は承っておりません。
診療中にお受けしてしまうと、他の患者様にご迷惑をお掛けしてしまいますので、ご理解の程お願い申し上げます。

ページトップへ