歯の豆知識ブログ

グッドコミュニケーションで楽しい食事

伸び盛りのお子様に、しっかりかんでもらって

正しく成長してもらうには、どうしたらよいのでしょう?

「食べる」の「食」という字は「人に良い」と書きます

なるべく、家族と食事をすることは楽しい事で

当たり前である、という環境づくりにつとめましょう

食べ物を楽しく美味しく味わって食べることは、

結果的によく噛んで唾液を分泌させ、

さらに食欲が増す食事になります

またゆっくりかむと、お腹がいっぱいになることを感じます

家族とともに朝食をとる小学生は、学業成績が良好という報告があります

そしてそれ以上に食事の場で得られる、心の安らぎは

精神の発育にも大きく影響します

料理研究家であり、昭和大学歯学部の客員教授でもある服部幸應先生は

現代の食のありかたを6つの「こ食」であると言っています

一人で食事をとる「孤食」

好きなものだけ食べる「固食」

女の子に多い「小食」

塩分や糖分の多い「濃い食」

小麦食に偏りすぎた「粉食」

家族が個別のものを食べる「個食」

これらの食事形態が続くと、栄養的にも偏り

情緒が不安定になったり、自己主張の強いわがままな子供になり

社会性に欠ける大人になる可能性があります

家族みんなで同じものを、楽しく食べる習慣はとても大事な事なのです

それから食事中の姿勢も大切です

猫背は歯並びが悪くなる原因になりやすいのです

猫背になると頭蓋骨の位置が不安定になるのです

歯並びと重力には関係があります

同様食事中のテレビもなるべくやめてください

これら食事中の環境については、また次回記します

お問合せ・ご予約はこちら

ご相談をご希望の方は、下記の電話番号までお電話いただき初診のご予約をいただくか、 下記の「無料相談メールフォーム」に相談内容をご記入の上、送信ボタンを押して下さい。 電話やメールではお答えするのが難しい場合には、初診のご予約をお願いする場合があります。 また、初診はすべて保険内での診察となります。

お電話

  • お問合せはこちら044-280-3918
  • 土曜日も診療しています。
  • 駐車場完備

メールフォームでのご相談

ご予約前のご質問や疑問に
メールでお応えします

※電話での無料お悩み相談は承っておりません。
診療中にお受けしてしまうと、他の患者様にご迷惑をお掛けしてしまいますので、ご理解の程お願い申し上げます。

ページトップへ