歯の豆知識ブログ

食材の組み合わせで、かむ回数を増やそう

しっかりかんで、食事をするといいことだらけです

1唾液がたくさん出て消化を助ける

2口の周りの筋肉が発達して表情が豊かになる

3顎の骨が成長してよい歯並びになる

4脳に刺激が伝わり活性化される

しっかりお子様にかんでもらう食事をしてもらうためには

どんな所に注意すればよいのでしょうか?

食材の組み合わせによってもかむ量が変化します

例えば普通の白米に雑穀や玄米を加えるだけでも

かむ回数は増えます

あるいは、納豆にチリメンジャコや高菜、タクアンを細かく刻んで加える

他にもサンドイッチはパンの耳をわざと残す

ハンバーグにレンコン、ごぼう等 歯ごたえのある野菜を入れる13

ジャガイモ、ニンジンは皮つきで大きめにカットして使いましょう

お母様は家庭の料理人であり栄養士であり、

お子様の成長を正しく導く水先案内人です

どうぞお子様のため、食育に時間をさいてあげて下さい

明治時代の歯科医学、栄養学に関する本で

必要な食べ物の種類は、歯の種類の本数に比例すると記したものがあります

人の歯は親知らずも含めると、32本あります

穀物をすりつぶす臼歯は20本あるので、20/32で62.5%

野菜を咬み切る前歯は8本あるので8/32で25%

肉を咬み切る犬歯は4本あるので4/32で12.5%

以上の割合

穀物:野菜:肉=5:2:1

のバランスで食べることが歯の形態学的に理想であるということです

ただこれだと、極地にすみ肉食が主になるエスキモーには、あてはまらない

という矛盾もでてきます

お問合せ・ご予約はこちら

ご相談をご希望の方は、下記の電話番号までお電話いただき初診のご予約をいただくか、 下記の「無料相談メールフォーム」に相談内容をご記入の上、送信ボタンを押して下さい。 電話やメールではお答えするのが難しい場合には、初診のご予約をお願いする場合があります。 また、初診はすべて保険内での診察となります。

お電話

  • お問合せはこちら044-280-3918
  • 土曜日も診療しています。
  • 駐車場完備

メールフォームでのご相談

ご予約前のご質問や疑問に
メールでお応えします

※電話での無料お悩み相談は承っておりません。
診療中にお受けしてしまうと、他の患者様にご迷惑をお掛けしてしまいますので、ご理解の程お願い申し上げます。

ページトップへ