歯の豆知識ブログ

虫歯のできかたについて

虫歯にはできかたがあります

自然にできるようですが、やはりそういう訳ではありません

このできかたを知っていれば、誰でも十分虫歯予防ができると思います

口の中では、まず食物のかすが

虫歯菌によって歯垢(プラーク)という虫歯菌の巣になります、

そして巣である歯垢の中で、虫歯菌はどんどん繁殖するのです。

この虫歯菌は、繁殖する際食べ物の中の「砂糖」や「炭水化物」などを栄養とします

そして「酸」を作るのです。


この酸によって、歯の表面(エナメル質)からミネラル成分が溶けだします。

これが虫歯の始まりです。

もう少し詳しく説明します

歯の表面に住む、ごく少数の虫歯菌(ミュータンス菌)は、

食物中の砂糖や炭水化物を分解し、ネバネバの物質を作ります。

この物質はグルカンといい、そのつよいネバネバで虫歯菌が

歯の表面にくっつくのを助けます。
やがてそこには虫歯菌に限らず、歯周病菌等多数の細菌が住み着くようになり、

細菌の巣(プラーク)が作られていきます。
プラーク中の虫歯菌は、食物中の砂糖、炭水化物などを取り込んで分解し酸を作ります。
また虫歯菌以外にも、同じように糖を分解して酸を出す細菌はいます。
この酸によって歯表面のエナメル質が溶かされてむし歯になるのです。

ところで虫歯になりやすい人、なりにくい人がいるのをご存知でしょうか?

もともと、歯の表面のエナメル質の密度の高い人低い人というのがいます低い人です

虫歯になりやすい人は、特にこのエナメル質の密度が低いのです

これはもって生まれたものですが、フッ素を上手に使えばある程度

歯を強くすることはできます

それと時間です

歯の表面が汚れても、虫歯菌の活動が活発になって酸を産出するまでは

24時間程度かかるといわれています

上の図を見て下さい虫歯になる原因は、1虫歯菌 2砂糖 3歯質 4時間

ということになります

これらのこと考えて生活すれば、虫歯は自分で予防できるのです

 

お問合せ・ご予約はこちら

ご相談をご希望の方は、下記の電話番号までお電話いただき初診のご予約をいただくか、 下記の「無料相談メールフォーム」に相談内容をご記入の上、送信ボタンを押して下さい。 電話やメールではお答えするのが難しい場合には、初診のご予約をお願いする場合があります。 また、初診はすべて保険内での診察となります。

お電話

  • お問合せはこちら044-280-3918
  • 土曜日も診療しています。
  • 駐車場完備

メールフォームでのご相談

ご予約前のご質問や疑問に
メールでお応えします

※電話での無料お悩み相談は承っておりません。
診療中にお受けしてしまうと、他の患者様にご迷惑をお掛けしてしまいますので、ご理解の程お願い申し上げます。

ページトップへ