歯の豆知識ブログ

「歯周病」ってどういった病気でしょう?

「歯周病」ってどういった病気でしょうか?

今迄さんざん「ブログ豆知識」 に、「歯周病」という言葉使ってきました

復習したいと思います

歯周病とは、歯と歯肉の境目についた歯周病菌が引き起こす病気です

健康な歯肉はピンク色ですが、歯周病が進むと赤く腫れ上がります

毛細血管が膨れ上がり、赤血球が透けて見えるからです

そして歯と歯肉の境目の溝(歯周ポケット)が形成され、徐々に深くなります

歯肉の腫れは、ますます膨らみ歯ブラシをかけると血がでてきます

ここまでくると要注意です!

でも実は、多くの人が放っておきます

何故なら、痛みがあまりないから、自覚症状があまりでないからです!

前回の「豆知識」で書いたように、免疫力とも関係があります

歯周病が原因で多少症状が出たとしても、

放っといて、自然と症状が落ち着く事よくあります

ここからは、加速度的に歯周病は悪くなります

歯周病が進んで、歯周ポケットが深くなると

歯ブラシが届かなくなります

汚れっ放しのエリアが形成されます

ここが歯周病菌の生産工場となります

歯周病菌増殖し放題になります

 

ここまでくると、歯周病治療に手慣れた歯科医師、歯科衛生士でないと治療できません

歯肉の奥底の汚れをとるのは難しいのです

 

そして歯を支えている骨(歯槽骨)が、歯周病菌で溶かされ歯が揺れてきます

ここまでくると、もう歯は抜くしかなくなります

 

歯周病は成人の80%以上が罹患しています

この人達は必ず入れ歯やブリッジ、インプラントになってしまいます

 

歯周病を進行させないためには

⑴丁寧に歯を磨きましょう

歯ブラシだけでなく、糸ようじや歯間ブラシもつかいましょう

⑵定期的に歯科医院でお口のクリーニングをしてもらいましょう

自分で磨けない部分は誰でも必ずあります

⑶規則正しい生活をこころがけましょう

睡眠不足等には注意が必要です。免疫力を高めましょう

 

そして一番大事なのは、歯周病の症状が出てない人でもこれらのことを実行する事です

自分の歯と一生付き合いましょう!

お問合せ・ご予約はこちら

ご相談をご希望の方は、下記の電話番号までお電話いただき初診のご予約をいただくか、 下記の「無料相談メールフォーム」に相談内容をご記入の上、送信ボタンを押して下さい。 電話やメールではお答えするのが難しい場合には、初診のご予約をお願いする場合があります。 また、初診はすべて保険内での診察となります。

お電話

  • お問合せはこちら044-280-3918
  • 土曜日も診療しています。
  • 駐車場完備

メールフォームでのご相談

ご予約前のご質問や疑問に
メールでお応えします

※電話での無料お悩み相談は承っておりません。
診療中にお受けしてしまうと、他の患者様にご迷惑をお掛けしてしまいますので、ご理解の程お願い申し上げます。

ページトップへ