歯の豆知識ブログ

TCH 歯列接触癖について

歯の豆知識

 

TCH 歯列接触癖について

 

川崎市川崎区小島新田駅 駅前のパール歯科医院 院長の藤田陽一です。

 

TCH(歯列接触癖)という言葉を皆様ご存知でしょうか?

歯科医院でお口の中を診てもらった時、歯ぎしりがあると指摘されたことはないでしょか?

歯ぎしりは、就寝時におきるものですが、最近、目が覚めている時も、歯を食いしばる人が増えてきました。この現象をTCHといいます。就寝時、歯ぎしりをする人は、目が覚めている時も無意識の下で歯を食いしばる人がとても多いことが各種研究ではっきりしてきました。本来上下の歯は何もしない時、接触しないものです。食事の際は、それでも接触させますが、1日平均15~17分程度と言われています。

ただ、覚醒時でも、無意識で長時間、TCHの人は接触させます。

これが、お口のまわりの筋肉や関節に大変な悪影響を及ぼし、顎関節や頭痛や肩こりを誘発させます。

更には、歯周病の悪化、歯の咬合痛、歯の移動、舌・頬粘膜の誤咬、充填物・補綴物の脱離、歯冠破折、慢性口内炎、舌痛症、発語不明瞭化など、口腔内の症状を引き起こすことがあります。

 

下記に当てはまる方はTCH要注意です。

 

スマートフォンやパソコンを頻繁に使う方

習慣的に噛みしめる回数が多い方

スポーツ練習など、力仕事など、一生懸命何かをしているときに噛みしめる癖がある

仕事や対人関係など、不安や緊張などのストレス状態にある方など。

 

では、TCHを改善するにはどうすればよいか?

まずはご自身がどのような状況で歯を接触させているのかを理解する必要があります。

そして、そのような生活の場では「リラックスを心がける」、「意識して口を開ける」など歯を接触させないための生活の改善が求められます。

例えば、日常生活で目に入りやすい場所に「リマインダー」というTCHを思い出させるための

キーワード(「リラックス」など)を書いた張り紙を張るのがとても有効です。更には、TCH防止のためマウスピースを口腔内に装着することもあります。

ストレスの多い現代社会において、歯を食いしばって仕事をしている方も増加しています。

また特に最近増えているのが、下を向きながらのスマホの画面を操作している人です。

そのような人は、姿勢の問題もあり、無意識に噛みしめ、TCHになる確率が非常に高いのです。TCHによる歯並びや噛み合わせの相談、TCHそのものについてご質問などございましたら、ぜひパール歯科医院までご連絡ください。

川崎市 川崎区 大田区で歯医者・歯科医院をお探しの方はパール歯科医院にご相談ください。

インプラント・入れ歯・親知らず治療・虫歯治療・歯周病治療・矯正歯科・小児矯正歯科・審美歯科・予防歯科などの治療に対応しております。 マイクロスコープ、歯科用CTレントゲンを完備しておりますので、より精密な治療が可能です。

〒210-0822 神奈川県川崎市川崎区田町2丁目13−1
tel:044-280-3918
診療時間:
午前-----9:00-13:00
午後-----15:00-21:00(▲土曜日午後:14:30-18:00 △日曜午前:10:00-14:00)
休診日:祝日

新着記事一覧

  • 院長ブログ
  • 歯科医師ブログ
  • スタッフブログ
  • 豆知識ブログ

お問合せ・ご予約はこちら

ご相談をご希望の方は、下記の電話番号までお電話いただき初診のご予約をいただくか、 下記の「無料相談メールフォーム」に相談内容をご記入の上、送信ボタンを押して下さい。 電話やメールではお答えするのが難しい場合には、初診のご予約をお願いする場合があります。 また、初診はすべて保険内での診察となります。

お電話

  • お問合せはこちら044-280-3918
  • 土曜日も診療しています。
  • 駐車場完備

メールフォームでのご相談

ご予約前のご質問や疑問に
メールでお応えします

※電話での無料お悩み相談は承っておりません。
診療中にお受けしてしまうと、他の患者様にご迷惑をお掛けしてしまいますので、ご理解の程お願い申し上げます。

ページトップへ