CT レントゲン

安全な治療に欠かせないCTレントゲン

当院では、最新鋭の歯科用CTレントゲン(NAOMI-CT)を導入しました。 従来のレントゲン画像は二次元であったため、正確な顎の骨の状態を把握することができません。

CTレントゲンは、三次元での画像が得られ、従来の平面レントゲン画像に比べ、より豊富な情報を歯科医師に提供するレントゲンシステムです。

インプラン ト治療計画での使用にとどまらず、今後の歯科診療において、治療の安全性と確実性を向上させるため、不可欠なものと位置づけています。

正確な診断が、安全で確実な治療に繋がります

今まで見ることができない部分が立体的に、かつ詳細に確認できるので、正確な診断、綿密な治療計画の立案、安全な治療が可能です。

特に、インプラント治療では、歯と顎の骨の位置関係、大きさなど従来のレントゲンでは見ることのできない情報が安全性において特に重要です。

当院では、より安全で精度の高い治療を提供しています。
当院では主に、インプラント治療・矯正治療・難抜歯・歯周病治療の際など、必要に応じて撮影を行い、安全性の高い治療を提供しています。

さらに分かりやすい説明が可能に!

患者様へ説明する際にも3D画像をご覧頂きながらの説明なので、大変分かりやすいと好評を頂いています。

歯科治療の説明というのは、患者さまにとって分かりにくいものですが、ご自身の顎の状態を理解しながら説明を受けるので、安心感も増すという声を多数頂いています。

インプラント治療の失敗は、ほとんどが診断ミス

近年、メディアなどでインプラント事故についての報道が増えてきています。

確かに、現状の法律では歯科医師免許さえ持っていれば、経験不足でもオペができてしまうという問題点もあります。

そして、実際に失敗例のほとんどが「診断ミス」によるものです。

顎の骨が足りないところに埋入してしまったり、2次元のレントゲン画像だけで診断を行ってオペの段階で想定外の状態だった・・・などという理由です。

CTレントゲンによる撮影を行えば、そもそも失敗のリスクがある治療を行うことはありません。

オペの際も、事前に顎の骨の状態を精緻に把握できているので、術者も患者様も、双方が安心して治療を行うことができるのです。

親知らずの抜歯にも有効です

顎の骨の深い部分に埋まった状態の親知らずは、傾いた状態や横を向いた状態のものもあります。

これらの親知らずは、本来抜歯が非常に難しいのですが、三次元の画像で事前に確認することで安全かつ正確な治療を行うことが出来ます。

そのため、難抜歯であっても短時間で治療を行える確率が高くなり、患者様の負担も軽減されることとなります。

根の治療にも有効です

歯の根の治療は、状態により長期にわたってしまうことがあります。

通常のレントゲンからしか情報を得ていないと、ときに歯科医師自身も迷路に迷ったような状態になることがあります。

そこで、CTレントゲンの画像を見ることにより、根の状態がよく分かるようになります。そのため、無駄に長期間治療、根の治療を行うことがなくなります。

お子さまの歯を守ることにもつながります

CTレントゲンは、小児歯科にも有効です。

3次元の画像で把握することにより、従来では発見が難しかった過剰歯の早期発見などにもつながります。

早期治療により、お子様の健康も守ることにつながります。

CTレントゲンは被曝量も少なく安心です!

東日本大震災以降、放射線の被曝量を気にされる方が多くなってきました。

当院で導入しているCTレントゲンは、日常生活で自然に浴びる放射線量とほとんど変わりません。

科学的に、何十枚撮影しても身体に害がないレベルとなっています。

ですので、被曝量に不安に感じている方もご安心下さい!

PageTOP

PageTOP ▲