院長ブログ

2015/08/05
インプラント臨床研究会合宿に参加してきました その3

インプラント臨床研究会の症例発表は、まだまだ続きます

26人目が終わったところでやっとお昼休みです

DSC_0236.jpg

お昼ご飯を食べたら昨夜の疲れが出て、睡魔が襲ってきました

情けない事に、所どころ記憶がとんでしまう状態

その中でも、素晴らしい発表をする先生の所では 

自然と目が覚めます

歯を抜くと、歯を支えていた骨もなくなります

そのなくなった骨を再生する方法に、dPTFE膜という

最近発売された材料を用いて、大変良好な結果を得られた

岩野義弘先生の発表

奥歯がなくなり、かみ合わせが狂った場合でも

奥歯にインプラントを埋め込み、元の咬み合わせの位置に

戻して、しっかり咬めるようにした症例を発表した

藤原康則先生の発表

この二人の先生の発表は秀逸でした

他にも若井広明先生、甲斐智之先生、木村健二先生の発表は

とても興味深く聞く事ができました

DSC_0233.jpg

そして夕方からは

「歯科医院のありかたを考える」

ということで、インプラント臨床研究会の会長である 田中譲治先生

三重県、滋賀県で7つの歯科医院を経営する 古市嘉秀先生

そしてなんと、わがN1会の元会長 宇田川宏孝先生

以上3名の先生のシンポジウムが行われました

DSC_0232.jpg

写りが悪いですが、上 宇田川先生の写真です

複雑な外科処置が必要なインプラント治療

それに関し、いかに我々インプラントロジストは、日々鍛錬をつみ

研究研鑽を続けていかなければならないのか

それと同時に、いかに赤字を出ださない医院経営を行うか

など興味が尽きない内容でした

月別アーカイブ

PageTOP

PageTOP ▲