ドクターブログ

2017/05/10
ハミガキ剤

第2水曜日担当の西山です。

一気に暑くなりました。
体調はいかがでしょうか?

皆さま、連休はいかがでしたか?
休みの疲れが出ていませんか?

早く日常を取り戻しましょう。

お口のお手入れも忘れないでください。
最近は色々な商品がでいています。
「歯磨き粉」という言葉が残っているように昔は「粉」の時期がありました。

ライオンの歴史を見ると
1896年明治29年
粉ハミガキ「獅子印ライオン歯磨」を発売。
1900年明治33年
社会貢献活動のために粉ハミガキ「慈善券付ライオン歯磨」を発売(大正9年まで20年間継続)。
1911年明治44年
日本で初めてチューブ入(押出管入)の煉(ねり)ハミガキ「ライオン煉歯磨」を発売
1949年昭和24年
チューブ入煉ハミガキ「薬用ライオン歯磨」を発売
1951年昭和26年
米国デュポン社のナイロンを植毛した「ライオン歯刷子」を発売
1961年昭和36年
美白効果の高い新原料リン酸カルシウム基材を使用した白い歯のための「ホワイトライオン」ハミガキを発売。

この辺まで来ると今でも目にする商品が出てきます。
最近はペーストの他に「液体ハミガキ」があります。

花王
液体ハミガキ        液体ハミガキは、チューブ入りの練りハミガキと同様に、ハブラシを使って歯を磨く時に使用します。
適量を口にふくんでから、ハブラシでブラッシングすることで効果を発揮します。
*チューブ入りの練りハミガキと違い、細かい粒子状の清掃剤(研磨剤)を含んでいません。        

さらに「洗口剤」もあります。

花王
洗口液        花王の洗口液は、歯を磨いた後の仕上げに使います。
適量を口にふくんですすぐことにより、ハブラシの毛先が届きにくい歯のすき間などに残りがちな、
原因菌を殺菌し、歯垢の付着を防ぐとともに歯肉炎や口臭を予防、口中を爽快にします。        

液体ハミガキと洗口液の違いは?

ライオン
液体ハミガキはハミガキ剤と同じ使い方で、液体ハミガキですすいだ後にハブラシで歯をみがきます。
洗口液はマウスウォッシュと言われ、歯をみがけない時のムシ歯予防に役立ちます。
どちらも口全体に薬剤が広がり隅々までムシ歯菌の殺菌に効果があります。

さて皆さん、日頃どのようなケアーをなさっいていますか?
商品が増えると何を選んだらよいか、どう使ったらよいか。
色々試して楽しいオーラルケアーをいたしましょう。






月別アーカイブ

PageTOP

PageTOP ▲