歯の豆知識

2017/06/15
詰め物?被せ物?

歯の豆知識 詰め物&被せ物

 

本日は歯の豆知識として、詰め物&被せ物についてお話させて頂きます。

虫歯を削り、その削ったところに詰め物や被せ物をいれている方は現代において多くいらっしゃると思います。

また、その詰め物や被せ物についてどれだけ認識されていますでしょうか?

詰め物って何?被せ物とは一体何?

 

 

詰め物とは軽度の虫歯の治療に使われ虫歯になった部分を削り、削った個所に詰める詰め物をインレーと呼びます。2インレー.jpg

 

 

 

被せ物とは虫歯の程度が大きいかつ詰め物では補いきれない場合の治療に使われます。虫歯を削ったあと人工の歯として被せる被せ物をクラウンと呼びます。クラウン.jpg

 

 

 

 

よって、虫歯の進行具合や程度により、詰め物か被せ物のどちらで治療するか決まってくるのです。

 

また、上記の詰め物と被せ物には色々な種類の材質などがあるのを知っていますか?

 

 

Ⅰ保険適用の材質

  1. 銀合金(俗に言う銀歯というもので、金属は金銀パラジウム合金を使用)

                                              インレーやクラウンで使用可

長所:保険適用で費用が安い。通院数が少ない。

短所:口を開けたときに銀歯がみえてしまう審美的問題やその硬さ故に噛み合わせの歯を傷つけたり、長期的にさびて金属イオンが溶け出し、それが金属アレルギーを引き起こす原因になることがある。(銀合金)

      2. レジン(材質は合成樹脂の一種で見た目が白い)

                                                     インレーやクラウンで使用可

                   長所:保険適用で費用が安い。見た目が白く少し審美的には良い。

        短所:変色や磨り減りやすく、割れやすい。大きな虫歯には適用できない。

 

      3. アマルガム(水銀20パーセントを含む銀色の詰め物)      

                               20世紀を中心に診療に用いられたが、昨今、水銀の害が知られ

               2016年4月より公的保険治療から外された。

  

Ⅱ自由診療の材質

  1. ゴールド(俗に言う金歯というもので 金属は75%~84%の金含有の金合金)

                                                インレーやクラウンで使用可

                              長所:天然歯の硬さに近く噛み合わせの歯を傷つけることがない    

                  錆びて金属イオンが溶け出す可能性が低い。

          短所:費用がかかる。金の高騰、セラミックの進歩や審美的な問題もあり減少傾向にある。

     2. セラミック(金属を使わない均一のセラミック。お茶碗の素材)

                        インレーやクラウンで使用可

                            長所:強度に優れ長持ちし変色しない。最も天然の歯に近い色調で審美的に優れている。

          短所:費用がかかる。

 

     3. ハイブリッドセラミック(セラミックとプラスチックの混合物)             

                                                          インレーやクラウンで使用可

                           長所:セラミックに比べるとやや安価。また割れにくい。審美的に悪くない。

             短所:セラミックに比べると透明感がなく、長期的にみるとわずかに変色し磨り減る。

     4.ジルコニアセラミック(セラミックのなかで最も硬い。)

                  クラウンで使用可      

          長所:耐熱性、耐久性、耐腐食性が高い。硬く柔軟性があるので金属を使わずにできる。身体に優しい。

          短所:費用がかかる。

 

このように詰め物や被せ物にはたくさんの種類が存在します。images8CIK75YG.jpg

それぞれ特徴は様々で自分にはどれが合っているのか?どれを選べば良いのか?

とわからない方が多いと思います。

そのような時は、お気軽に歯科医師にご相談ください。

一人ひとりに合った詰め物や被せ物をご提案させて頂きます。

月別アーカイブ

PageTOP

PageTOP ▲